外交と情報

もと外務省職員のM・Sさんが何かの雑誌に ソ連駐在員時代 重要情報を独自に入手したと得々として書いてました トルキスタンかウズベキスタンかどこかの情報屋から買ったというのです それってガセネタに決まってるだろうと思いますけど
情報は人脈から入ります 金で買えるものではない(人脈づくりに金はかかりますが) モサドやバチカンの情報組織が 小規模ながら情報収集力に優れているのは 人脈によります

モサドには世界中のユダヤ人から情報が入ります ユダヤ人は政治・経済の要枢にいる人も多く 重要な情報に接することができます
バチカンもそうです カソリック国の司教・司祭は枢要な人物と常時接しています 重要な情報を打ち明けられることがあるでしょう

ヨーロッパ諸国だけでなく 中国は華僑インドは印僑というように それぞれ世界中にネットワークを張り巡らしています 日本はそのような人脈が全くありません
それどころか 外務省の役人が外交を独占していますから御身大事 あえて火中の栗を拾うようなリスクは犯しません 大使になったら各国要人とパーティーを開いて 大物気分を味わうといったところでしょう

日本は長い間鎖国していて 植民地にならなかった反面 世界の事情に疎く 権謀術数渦巻く外交舞台の経験がなかった
外交戦でロシア・中国や韓国にまで翻弄されているのは やむを得ないことと言えます 役人や政治家ばかりを責めることもできません
ドイツのゲーレン機関もあまり良い評価がされていません 敗戦国というハンデばかりでなく もともと生真面目でそういったことが苦手な国民性なのかもしれません

それに引き換えナポレオン3世なんかすごいですね フランス国内はもとより国際舞台で各国首脳を手玉に取った希代のペテン師です
そこまで行かなくても 第2次大戦前後の東南アジア指導者はしたたかです カンボジアのシアヌークの世渡りなんかは見事なもの これもフランス流なのだろうか
この二人に共通しているのは 王族という立場を最大限利用していることです やはり外交・国際関係は人脈がものをいいます

パン

子供の時 ホットケーキとパンケーキがどう違うのか(同じものですが)疑問に思っていました いろいろ考えて出した結論が おやつに食べるときはホットケーキ パン代わりに食べるのがパンケーキだという解釈です

ホットケーキミックスが世に出たころのことです アメリカの探偵小説で 朝食にパンケーキを焼いて 固茹卵だったかベーコンエッグと共にコーヒーで流し込むといったシーンがあって どうみてもホットケーキのようで悩んだのです

オーブンは昔天火といってました そこでオーブンプレートのことを天パンといいます 天火のパン(平鍋)ですね
若い主婦向けの雑誌が盛んに創刊されたころ(出版社でなくTV局や流通業者が出していた) たぶん最初は誤植だったんじゃないかと思いますが 天板と書いてることがありました

やがてそれが定着したというか 誰も疑問に思わなくなったみたいです 板状に見えなくはないが 天火といわなくなったのになぜでしょう
天板という言葉もあって テーブル・タンスなどの上部 平らな板のことです 子供が食パンのパンとフライパンのパンで混乱するのと大差ない いい加減さです
奇妙な言い回しは 女性誌・ファッション誌といわれた雑誌から始まり TVで広まったように思います いろいろありますが書くと気分が悪いので書きません

スポーツ雑誌も プロサッカーが盛んになるに連れ それまでの写真グラフ誌から 記事主体になったみたいです
スポーツライターという職種?ができ 荘重華麗な文章を書きたかったのでしょうか どこかで聞きかじったような こなれない美文調を真似ていました それをやはりTV放送の時アナウンサーが真似 耳障りな中継を行うという具合です

昔の新聞記事の擬古文調は一種独特の趣がありました(新聞屋文というらしいですね) キューバのカストロが死んだとき朝日新聞はほぼ全面カストロの記事で埋めてました たぶんカストロを賛美するというより 過去の人なのでデータベースからいくらでも書けて楽なんでしょう
かつての天声人語はコラムのお手本のように言われていました 今はどこかから引っ張り出してきた孫引きばかりです 自社のデータベースを使っているんで特に問題はないと思いますが いわゆるキュレーションサイトと大差ないことをやっているわけです

商店街から米屋と酒屋が消えたのはなぜ

かつて商店街が賑わっていたのは 地域内で経済が循環していたということです 八百屋さん・魚屋さん・肉屋さん 衣料品店・金物店・荒物店などが揃い 町中で日常生活は滞りなく営まれました
百貨店はボンマルシェや三越がそうであったように 年に数回行く 買い物だけでない特別な場所です スーパーマーケットが中途半端な形で取り入れられたため 棲み分けというか使い分けが機能しなくなったのです

地方都市だけではありません 東京近郊の市街地でも30年ほど前まで 休日の商店街は人波であふれていたのに 今や閑古鳥が鳴いています
いちばん大きい原因は駅前再開発です パルコなど大型の専門店商業ビルが成功したのを真似 各地で亜流の大型ビル計画が立てられました

しかし敗戦後の混乱に乗じて 駅前の土地に闇市を作った者たちがいて その影響による複雑な地権のため 土地の収用は進みません
そうこうするうち結局 再開発ができた頃には購買行動が変化しており 期待通りの集客ができないどころか テナントも集まらないことになりました

地方都市の場合 歩行者がいなくなったことが直接の原因です 車中心の交通により街道筋にあった商店街に客は寄りつきません 店の集積度が高いのが災いして 駐車スペースを作れなかったのです
そして本町通り商店街の空洞化が始まります 多様な店舗の集積度が賑わいを呼んでいたのですから 空き店舗ができるともう歯止めは利きません 連鎖して寂れていきます

やはり利権が絡んでいる

戦後の配給制は利権を生み出しました 米屋・酒屋は免許制ですから 営業努力をしなくても客はやってきて物が売れます
なにも戦後に始まったことじゃない 江戸時代以前より 米と酒は行政の主な税収源でした そこで癒着がおこるのです 今もそれは変わっていません

米と酒類の自由化で 商店街から米屋・酒屋が消え去りました 酒の安売りのおかげで町の酒屋がなくなったわけじゃない
酒類の税金が高いから 免許制に寄りかかって商売していたからです 酒の安売り店も とうに商売が成り立たなくなっています

セブン・イレブンはアメリカ発祥のコンビニエンスストアでした 日本で急速に発展し ついには日本法人が本家アメリカを買い取ってしまいました
イトーヨーカドーはフランチャイジー開拓に 米屋と酒屋を狙い撃ちしたのです これが功を奏しました

町の米屋と酒屋は利権に守られて商売していました すべてフランチャイザーがお膳立てして 自分たちはただ客を待つだけの商売に飛びつきました 消え去った米屋と酒屋は 軒並みコンビニに模様替えしただけだったのです
今や米も酒もスーパーやコンビニで買うものとなりました 酒税を上げて町の酒屋の活性化を図る? どこに酒屋があるというのか あるのは相変わらず役人とその周辺の利権です