文章の構成

文章を書くときコンテンツを構成するとき マインドマップなんかで整理しない 最初から項目同士を関連付けない方がいい 時系列もツリー構成も あまり役に立たない気がします
木の枝じゃなく一見無価値な落ち葉を拾い集めて 共通性のあるグループを作ってみる このとき意味付けをしない整理しない直感でやる 取捨選択や図解をしてはいけないということです
同じように 起承転結とか序破急あるいは5W1Hみたいな法則に捉われないこと 最後にまとめるときは意識した方がいいですが 最初の段階でこれをやると発想の飛躍ができない

テキストエディターと原稿用紙やタイプのいちばん大きな違いは 文章の書き方です

テキストエディターはワープロソフトと違います 使い方としてはアウトラインプロセッサー(アイデアプロセッサー)下書き用 ワードなどワープロはタイプが発展した清書機です
テキストエディターの場合プロットは特に決めず たくさんのセンテンスを書き溜めて それらを関連付けパラグラフを作成する そして微調整しながら まとまった文章を構成していきます

手書きでもKJ法のようにカード型のメモを書いて並べることはできます でも広いスペースが必要だったり 最終的には改めて書き直すことになり きわめて非効率です
手書きの場合は むしろ頭の中で(あるいは別紙に)文章の構成を決めておき それから書き始めた方がやりやすい

論文形式とか手紙文あとビジネス文書なら 旧来の定型文でいいと思います ワードとかのテンプレートなんかですね 無難にまとまっていますからまず間違いありません
散文は頭から書くことも書き出しに悩む必要もない 思いつくままにメモ感覚で短文を書いて 後でまとめればいいのです これにはテキストエディターです

シナリオや小説のように ストーリーがあるものは そうもいかないでしょうが 大抵はバラバラに書いて大丈夫です 並べ変えも削除も追加も自由にやっていい
書き溜めた全体を眺めていると テーマが明瞭に浮かび上がってくることがあります また一つのテーマのつもりだったのが 二つに分けたほうがいいとなったり 別々に書いていたものを合体することもあります

要するに理詰めで考えないということになりますか 理屈が先に立つとそれに縛られてしまいがちです(唯物史観みたいに都合のいいファクトだけを集めてくる) 論理的でないとか確固たるテーマを持たない奴だといわれたら そのとおりなので反論できませんが
とにかくこんな書き方だと 紙ベースでは整理や管理がやり難い などと言いながら400の倍数で文字数を数える癖は抜けません 1610字だとなんとなく収まりがつかない気がして4枚に収めたくなります

いま気がつきました 使っているポメラDM10は文字の大きさを中にすると 1行20文字ですね 一度に読んで理解しやすい文字数は25文字くらいなので 1行20文字は合理性があります 最近の新聞記事が薄くなったのは やたらフォントを大きくしたのも影響しているかもしれない 新聞は以前1段15文字1ページ15段組でした
ポメラDM10はとても気に入ってます 折りたたみのロック部はとうに壊れマット塗装はベタベタしていても まだ使い続けてます 一度キーボードがおかしくなったが直せました
DM100は単3電池のところがいいと思うが やはりかなり大柄だし 何よりLEDバックライトが目に悪そうで躊躇してしまいます

日本国憲法

知られているように 現行日本国憲法はGHQの草案に基づくものです 根底には 日本を連合国(国連)の支配下におくという主旨があります
同時に進行していた極東軍事裁判と連動していて 国家主権の発動たる交戦権を認めません 要するに日本の武装解除です そのため現在でも国連軍駐日司令部が存在します

(現行憲法成立に関しては 国立国会図書館の電子展示会「日本国憲法の誕生」が第一級の資料・解説です)

翻訳文の字句の解釈をいくら言い立てても 本質が変わるわけではない(第9条の「国権の発動たる〜」を国権=国家権力=時の政府のことだと主張する類) 原文は「a sovereign right of the nation」ですから「国の統治者(独立)の権利」となりますか
主権のことですね governmentと同じではない 主権国とは植民地でない独立国のことです 統治するのは君主であったり参政権を持つ国民であったりします 主権在民の日本国憲法において統治者は当然国民です

サンフランシスコ講和条約で日本は独立国となります しかし朝鮮内乱(朝鮮戦争)が勃発するにともない 駐日司令部は後方司令部という名称で兵站基地の役割を担うようになりました 国連駐留軍というかGHQが引き上げたわけじゃありません 日本を武装解除してもアジアに平和は訪れなかったのです
日本の武装解除により政情不安になった極東で 東西冷戦に対応するため日米安全保障条約が締結されました 交戦権を認めない日本国憲法には統帥権の規定がないので 自衛隊は実質的にアメリカ軍指揮下にあります 傭兵隊か義勇軍と同じ立場でしかない

もし日米安保条約が破棄されアメリカ軍が引き上げたら 中国が代わりに駐留することは可能です 敵国条項がありますから常任理事国の旧敵国への軍事行動は 国連総会等の決議に拘束されないのです 敵国条項は国連総会で削除が決議されましたが 中国の拒否で実現できていません またサンフランシスコ講和条約を中国は批准していないのです
日本は交戦権を放棄しており統帥権もない以上 自衛隊が単独で人民解放軍の侵攻を阻止することはできません ロシアの傀儡ウクライナ大統領(統帥権を持ちます)が逃亡した結果 クリミア半島のウクライナ軍は戦うことなく投降するに至りました 戦争に勝つ負けるは 戦力の問題ではなく運用の問題です

中国が第1列島線と称するものを引いています この中に沖縄が含まれているのは 中国の長期軍略を物語っています 通常このような仮想ラインや防空識別圏は 軍の運用の目安にすぎず 大々的に公表するものではない 沖縄占拠を既定事実としてアピールしているのです
盛んに沖縄独立などとキャンペーンを張っているのは 一連の外交政策ですね(クリミア半島も まず最初に住民投票で独立?を果たしました) 沖縄独立から米軍基地撤去そして尖閣諸島・沖縄に橋頭堡を築ければ 東シナ海の制海権を確保できます

中国が 事ある毎に歴史認識云々と繰り返すのも 第二次世界大戦終了時の枠組み(ヤルタ・ポツダム体制)を維持するためです 今や日本の武装解除により空白地域となった南シナ海の制海権を握りつつあります
現行憲法はマッカーサー主導で作られましたが 中国にとって まことに都合のいいものとなりました 朝鮮戦争を予見できなかったため アメリカ世界戦略の足枷になっています 明らかにマッカーサーの大失策です

アメリカは朝鮮戦争まで毛沢東のゲリラ戦・人海戦術を経験していません マッカーサーが日本国憲法を作った時は 正規軍同士の戦争しか想定していなかったのじゃないかと思います
原爆の1〜2発も落とせば朝鮮戦争は簡単に終わるだろうとの発言で マッカーサーは連合国軍総司令官を解任されました 聖書には神の怒りに触れて劫火に焼かれ 殲滅させられた都市の記述があります 東洋人などその程度にしか見ていなかったのです

ソ連の崩壊により東西冷戦が終了し 一方で人民解放軍の軍備増強は加速しています 日本国憲法が作られた時から世界情勢は一変したため アメリカの世界戦略は変更を余儀なくされる事になったのです しかしトランプ大統領の認識はマッカーサーと大差ないよう見受けられます
トランプが日本も核武装をと発言しましたが 暴言でもトランプの無知でもなく普通一般の感覚です アメリカ人にとって日本国憲法など全く無関心ですし マッカーサーが作ったなんてことを知っている人は おそらく皆無に近いと思います

続きを読む →

正月料理

正月料理といえるのは「雑煮」です 他のものと違い雑煮だけは食べると言わず祝うと言います 歳神様に供えた下がり物をいただく共食ですから 特別な言い方をします
(今は雑煮祝いという季語にのみ残る言葉となりました なお醤油が一般に使われるようになったのは江戸中期以降です それまでの澄まし汁は 味噌の上澄みを使ったり生垂れを使う また仕立てた汁の上澄みのみを用いたものを言います)
関東の雑煮が醤油仕立てになったのは近年のことです お江戸でも雑煮は味噌仕立てであったようです

箱に詰めて重ねておくのは「喰積(くいつみ)」です ごまめ・昆布巻き・蒲鉾・卵焼(伊達巻)・黒豆・数の子など 保存のきくものを三が日の間取り分けて食べます 来客などにも振る舞いました これは祝い膳ではありません
おせちは重箱に詰めるものでなく 祝い膳に平椀(ひら・おひら)で出される煮染めを言います のっぺい・こづゆも同様です お平が付くとは豪華・贅沢な膳を言い お平に盛るのは鳥肉等と根菜類の煮物です

江戸で田作り(ごまめ)は祝い膳に上ったようです 他の地方では年越し魚(歳取り魚)として 塩鮭・塩鰤等が用いられました
正月の祝いは大晦(おおつごもり)なので歳末も新年も一緒です 氏神や鎮守社で大晦日から元旦まで籠もります これを簡略化したのが初詣・2年参りですね

節会(せちえ)の行事は宮中や公家の間で行われていました それぞれに料理もありました 1月1日は花びら餅 3月3日桃の節句は菱餅 5月5日端午の節句は柏餅 7月7日素麺 9月9日菊酒 などなど その風が庶民にまで広まったのでしょう

身近な人に聞いてみたところ 正月に餅を食べるのは共通していても 子供のころ重箱に入った「おせち」はなかったと言います 奥州では ずんだ餅えび餅など5〜6種類の様々な餅をいただくそうです
今日見られる おせち料理と言われる形は 京都あたりの料理屋さんが年末 お得意先に配ったのが始まりです 一般の家庭でこのようなことは行わなかったし 伝統的なものともちょっと違う 会津は今も「こづゆ」に正しく平椀を用いています

小正月

外来の歳神様(太陰暦)を迎える前 古来の正月行事は どんど焼(左義長・塞の神)・なまはげ・鳥追いなどではないでしょうか これらはいずれも農事祭で小正月(新年最初の満月の夜から朝)に行われました
鏡餅(満月と太陽を現す?)を掻いた掻餅を焼いたり 小豆粥・七種粥を炊きます(七種粥を人日の節句1月7日にというのは語呂合わせです)
元々は春を迎える冬至祭(火祭)であったろうと推測します 粥は木や柱に供える儀式がありました また木の枝に餅を飾る餅花・成らせ餅の行事も広く行われていました すべて言い伝え伝承であり 文献に残るものではありません

古来より祝われていたこの小正月(女正月とも言われます)を祝日とした時 「成人の日」と名付けました 「こどもの日」や「としよりの日」を作ったので 言葉を整えるということかと思います 元服云々は役人らしい後付けの理由です
かつての祝・祭日はことごとく祝日と言い換えられ 本来の意義は忘れられてしまいました(日本の祝日は諸外国の倍くらいあります)

埼玉県蕨町の青年団団長が 成人=選挙権であることに着目し 二十歳になった男女を集め成年式なるものを開催しました この団長はのちに蕨市長になっています(青年団のモデルはコムソモールです) これが評判を呼んで 全国各地の自治体で成人式が行われるようになりました
こうやって小正月とはまったく無縁の祝日として 成人の日が制定され成人式が定着 さらに日にちが変更され 日本の伝統は失われていきます