正月料理

正月料理といえるのは「雑煮」です 他のものと違い雑煮だけは食べると言わず祝うと言います 歳神様に供えた下がり物をいただく共食ですから 特別な言い方をします
(今は雑煮祝いという季語にのみ残る言葉となりました なお醤油が一般に使われるようになったのは江戸中期以降です それまでの澄まし汁は 味噌の上澄みを使ったり生垂れを使う また仕立てた汁の上澄みのみを用いたものを言います)

箱に詰めて重ねておくのは「喰積(くいつみ)」です ごまめ・昆布巻き・蒲鉾・卵焼(伊達巻)・黒豆・数の子など 保存のきくものを三が日の間取り分けて食べます 来客などにも振る舞いました これは祝い膳ではありません
おせちは重箱に詰めるものでなく 祝い膳に平椀(ひら・おひら)で出される煮染めを言います のっぺい・こづゆも同様です お平が付くとは豪華・贅沢な膳を言い お平に盛るのは鳥肉等と根菜類の煮物です

江戸で田作り(ごまめ)は祝い膳に上ったようです 他の地方では年越し魚(歳取り魚)として 塩鮭・塩鰤等が用いられました
正月の祝いは大晦(おおつごもり)なので歳末も新年も一緒です 氏神や鎮守社で大晦日から元旦まで籠もります これを簡略化したのが初詣・2年参りですね

節会(せちえ)の行事は宮中や公家の間で行われていました それぞれに料理もありました 1月1日は花びら餅 3月3日桃の節句は菱餅 5月5日端午の節句は柏餅 7月7日素麺 9月9日菊酒 などなど その風が庶民にまで広まったのでしょう

身近な人に聞いてみたところ 正月に餅を食べるのは共通していても 子供のころ重箱に入った「おせち」はなかったと言います 奥州では ずんだ餅えび餅など5〜6種類の様々な餅をいただくそうです
今日見られる おせち料理と言われる形は 京都あたりの料理屋さんが年末 お得意先に配ったのが始まりです 一般の家庭でこのようなことは行わなかったし 伝統的なものともちょっと違う 会津は今も「こづゆ」に正しく平椀を用いています

小正月

外来の歳神様(太陰暦)を迎える前 古来の正月行事は どんど焼(左義長・塞の神)・なまはげ・鳥追いなどではないでしょうか これらはいずれも農事祭で小正月(新年最初の満月の夜から朝)に行われました
鏡餅(満月と太陽を現す?)を掻いた掻餅を焼いたり 小豆粥・七種粥を炊きます(七種粥を人日の節句1月7日にというのは語呂合わせです)
元々は春を迎える冬至祭(火祭)であったろうと推測します 粥は木や柱に供える儀式がありました また木の枝に餅を飾る餅花・成らせ餅の行事も広く行われていました すべて言い伝え伝承であり 文献に残るものではありません

古来より祝われていたこの小正月(女正月とも言われます)を祝日とした時 「成人の日」と名付けました 「こどもの日」や「としよりの日」を作ったので 言葉を整えるということかと思います 元服云々は役人らしい後付けの理由です
かつての祝・祭日はことごとく祝日と言い換えられ 本来の意義は忘れられてしまいました(日本の祝日は諸外国の倍くらいあります)

埼玉県蕨町の青年団団長が 成人=選挙権であることに着目し 二十歳になった男女を集め成年式なるものを開催しました この団長はのちに蕨市長になっています(青年団のモデルはコムソモールです) これが評判を呼んで全国各地で成人式が行われるようになりました
こうやって小正月とはまったく無縁の祝日として 成人の日が制定され成人式が定着 さらに日にちが変更され 日本の伝統は失われていきます

カテゴリー: 日本の伝統 | タグ: | コメントする

金谷ホテル

金谷ホテルのすばらしさは 本物のホスピタリティにあると思います 過剰なもてなしではないのに サービスの不足を感じることがない 満ち足りた時間を過ごすための すべてが過不足なく備わっています

たとえば 正面ファサードの佇まいは控えめです でも 奥に新館が続いていて 70室以上の収容力があります
スタッフはどこにいるのか 壁と化してほとんど姿を見せません でも 必要なときはどこからともなく現れるのです

建物の意匠は独特です 東照宮を模した外国人向けの日本風なのですが よい具合に古色を帯び気持ちが落ち着きます 天井の高さがこの伸びやかさをもたらすのでしょう
規模・調度・サービスを総体的に見て 程がよいと言うのが似つかわしいか

ごく自然でフレンドリー さりげないスタッフが好ましいですね 大家族主義なのでしょうか 従業員をとても大切にしている風が見受けられました
ザ・リッツ・カールトンに接客マニュアルがないと聞いたことがあります 一脈通ずるのかも知れない

不思議に落ち着く旧館の部屋は なぜか懐かしい感じがします 実際の経験ではない 何かで読んだか空想の世界かの記憶に出会ったような感覚です

同じ感じを山形の旅館で味わったことがあります 岬の突堤に建つ小体な宿です 決して豪華な建物でなくむしろ質素なのですが ロケーションの良さが妙に懐かしい さる素封家の別邸だったそうです

そういえば この旅館の時も金谷ホテルも 泊まった日は天候が悪く 外に出ずほとんどを室内で過ごしました ちっとも退屈することはありませんでした

※ 金谷ホテルが東武鉄道の子会社になりました 従業員持株会と地元有志が出資した投資事業有限責任組合から株を買い取ることで筆頭株主になったということです
リッツ・カールトンもそうなのですがサービス業はスタッフが財産です 伝統と格式そして歴史が培ってきたホスピタリティの精神が維持されることを望みます

※ オリンピックの客を当て込んで ホテルを増設するのに補助金を出すなんて声が聞こえ始めました スペースの拡充と気配りは反比例するのではないか
熱海をはじめとした温泉街がここまで寂れたのは 団体客を目当てに建物設備を拡大したのが原因です ホスピタリティの意味を全く理解せず一見華やかな箱を作るだけ 団体客が去れば廃墟になる
また同じことを繰り返すのでしょうか それどころか公営ギャンブル(カジノ)をあちこちに作って役人等が儲けようとしています かつてのリゾート法の悪夢よりさらに悲惨な末路が見えます

カテゴリー: マーケティング戦略論 | タグ: , , , | コメントする

日露戦争にみる戦いの本質と勝敗

戦いの本質

1 戦いとは何か
戦いは彼我意志の衝突である 勝利は敵の意志を撃砕し信念を破壊したものの手に帰する

2 戦いの要素と特性
戦いには相手がある しかも彼我ともに自由意志を持つ
戦いは彼我自由意志の抗争であり 信念の闘争である

3 勝敗とは何か
いずれかが勝利を確信し いずれかが敗北を自認し 勝敗が生ずる 敵の信念を屈服させ 我が意志を通すこと

日露戦争の勝敗と北方領土

三国干渉に端を発する日露戦争は 奉天会戦と日本海会戦で終結を迎えます しかしロシアは敗戦を認めず ポーツマス講和条約は領土問題にすり替えられました 千島列島と南樺太の領有権・無償割譲です
和平交渉(停戦合意?)も日本独自にはできず アメリカの仲裁を仰ぎました ここに北方領土問題の原点があります 戦争は彼我自由意志の衝突ですから 終戦はいずれかが敗北を認めなければなりません

国の自由意志とは 国家主権といっていいでしょう 交戦権は国権であり主権と主権の争いが外交・戦争です 戦争はもう一つの外交 外交は武器を持たない戦いです
戦争・外交は独立国主権の衝突で必ずしも戦闘を伴いません 撃砕するのは敵の意志であり 物的・人的な損耗を求めるものではない 敵の信念屈服が戦いの勝利です
ロシアが賠償金を支払わなかったのは 敗戦・終戦を認めないという意志表示です 無償割譲は賠償金の代わりとはならない 敗戦によって国境を変更するのとは意味合いが異なります

戦争の終結は外交によります 日露戦争で日本は戦闘で勝ちましたが もっとも肝心な外交戦で完敗しました 日本は戦闘に勝っても 我が自由意志を通すことができなかった
ロシアは外交において信念を屈することなく 大東亜戦争の無条件降伏に乗じ千島・樺太を手に入れました ポーツマスでの約定は反故にされ ヤルタで国境線が引き直されたのです
このとき樺太・千島列島のみならず 日本の固有領土である歯舞・色丹もソ連領とされました 結局のところロシアは何も失わず 日本はすべてを失ったのです

ヤルタがクリミア半島の都市であるのは 今日の姿を暗示しているような気もします 日本とロシアの現状をみれば どちらが勝者かは自ずと明瞭でしょう まさに国家百年の大計といえます 北方領土はオホーツク海 クリミア半島は黒海の制海権が狙いです
いまさら千島・樺太でロシアが譲歩したら クリミア半島侵攻の正当性がなくなります 北方領土もクリミア半島も 多少の遭遇戦はあったものの ほとんど無血開城です 戦争に必ず流血が伴うわけではありません

北方領土は樺太と千島列島のはずです 4島だの2島だの言いだした時点で譲歩しています(歯舞・色丹は本来北方領土の範疇に入リませんが戦略面で緊要地です) 日本の譲歩でソ連の意志が通り 日ソ間に領土問題はないことになりました
そのうえ ソ連邦崩壊時に首相・外務大臣と外務省はなにもすることなく(世界情勢が全く読めず 為す術がなかったのが実態です)唯一の好機を逸しました ドイツがこの機に東西統一を成し遂げたことに比べれば 外交戦・情報戦で大きな隔たりがあります

カテゴリー: 情報戦一般 | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントする