仕事

こんな仕事をしているため 時々クライアントからパソコンのことで質問を受けたり相談されます でも私はWindowsは全く分かりません ワード・エクセル・パワーポイントに触ったこともないし 第一私の仕事に必要ないものですから使ったことがない PCに詳しい人というわけじゃないので聞かれても困る

もともと映像制作・・出版から始まりMacDTPへ その流れでwebマーケティングを専門としています その間Windows機だけでなく 携帯電話も持ったことがありません
一時Windows mobileのスマートフォン(ウィルコム)に手を出しましたが 使いものにならず あきれ果ててしまいました 全然スマートじゃないからダムフォンというらしいです それ以来Windowsは見切りをつけています

Windowsの日本語入力に関して 不思議なことがあります クライアントから受け取る原稿に 半角パーレンと全角パーレン そしてプロポーショナルと等幅フォントのカタカナが混在(一つの単語に)しているのです なぜそんな面倒なことをするのかと聞きましたら パソコンが勝手にやっているということです
どうも日本語版Windowsは そういう仕様らしい 少しでも文章の仕事に携わっていれば 違和感を覚えるはずですが 開発している技術者の方は何にも感じていないのですね ちゃんと読めるんだから何の問題があるの? といったところでしょうか
一般事務や技術畑の人たちばかりか 編集に関わる人もWindowsを使う1)MacDTPの経験がなく 最初からWindowsしか知らない編集者が多くなったので そもそも全角・半角の違いが理解できないのかもしれませんようになって どこかの学習百科事典も 半角・全角混在のままになっているのがありました

今はMac2台に MVNOのアンドロイド・スマートフォン ChromeBookを連携させています あとpomeraも愛用しています ひたすら文章書くのに本当に重宝します 文字種が少なく変換効率も低いのですが 平易な文を書くためにはかえって都合がいい
ChromeBookの使い勝手は 良くも悪くも価格相応という感じです 手軽でなかなか便利に使っています だがこれで長文を書くことはしません(推敲・編集はします) pomeraのほうが書きやすい(目が疲れないから? DM10です)

考えてみると 世間一般のトレンドから かけ離れているものばかり選んでいます Windowsマシン ガラケー iPad・iPhone  などには一切縁がありません Evernoteなんかも用がないというか使い道がわからない Googleに絡めとられていますが これは所詮逃れようがないので
いわゆるケータイを使わなかったのは(けっこう不便でした) 通信キャリア会社の詐欺まがい商法に不信を抱いていたからです

従来のメディアでは新聞・出版・印刷の知識が必要でした メディアが変わったことによりパソコンやインターネットの知識が必要になっただけで やっている仕事内容は以前と違いはないですね 映像の知識もインターネットでは あまり役に立たないようです

References   [ + ]

1. MacDTPの経験がなく 最初からWindowsしか知らない編集者が多くなったので そもそも全角・半角の違いが理解できないのかもしれません