難民・移民・流民

日韓関係を含む東アジア情勢については 韓国の新聞の方がよほど正確・冷静に分析しています 立場が異なるといえ 自国利益のために言説を展開する 健全なジャーナリズムはおすすめです
日本の新聞はデマゴギー・アジテーションに終始していて 「戦争反対」というシュプレヒコールに反対するものは戦争に賛成なのかという まるでバカボンのパパのような詭弁を弄するばかりです

4月29日追記=朝日新聞社の元主筆が北京で客死したそうです 北京で開かれる中・韓・日シンポジウムに出席する予定だったとか この者は朝日新聞でのプロパガンダ活動の功績を認められ 定年後に韓国の大学・新聞から招かれて京城に在住 第2の人生を謳歌していました)

内乱による難民

世界で難民問題が起きています 日本はすでに朝鮮半島からの移民(実体は難民でも移民でもない 流民・不法滞在です)であふれ 数々の問題が顕在化しています この由々しき事態は半世紀をゆうに超えていて 難民が引き起こす問題の先例です 日本がこれ以上難民を受け入れる余地などありません

太古の昔から内乱を繰り返し いまもって統一国家でない朝鮮半島が ひとときの安寧秩序を得られたのは日本統治時代だけでした ロシアの朝鮮半島侵略は清國の衰退に乗じて始まり 日露戦争の原因となりました
ポーツマス条約で新たな秩序が打ち立てられます しかし日本がが満州・朝鮮から引き上げたとともに ソ連(ロシア)による侵略が再開され 半島は再び分断 以前の紛争地帯に戻ってしまいました 今に続く朝鮮戦争です

多くの者が戦禍を逃れるため 朝鮮半島から大挙して日本に押し寄せました 偽装難民ではなく外地からの引揚船に紛れ込んだ密航・密入国です 以前から日本にいた者は強制連行されたと称し ともに敗戦後の混乱に乗じてそのまま居座りました
日本へ帰化しようにも 李承晩と金日成が争っていた内乱状態ですから そもそも母国自体がありません 曖昧な状態のまま不当滞在となり今日に至っています

4世紀ころから 日本は半島からの亡命・流民を受け入れ 排斥することなく土地まで与えてきました その人たちは礼節をわきまえていたので 手ぶらではやってきません 仏教の経典やら数々の宝物を携えてきました(もっとも日本の宝物を盗み出そうとした新羅の僧もいました 僧を称していても隠れ蓑だった 本性は変わってないのかもしれません)
また日本では明確な社会階級制がなかったので 技術あるものは正当に評価され 自由の身分を得ることができました そのため皆が望んで日本に帰化したのです

それら帰化人たちを 大陸文明を伝えにきた渡来人として敬え などと言い始めたのは 違法入国者が工作した結果です 難民・移民どころか 不法入国してそれを正当化するため 歴史を歪曲するという厚かましさ
当時は戸籍も国籍制度もなかったので 帰化じゃなくて渡来だ というのが論拠のトンデモ学説です 事実を隠蔽するため用語の解釈に問題をすり替えています(本当の問題はそんな悪口雑言を唯唯諾諾と受けいれた日本の教科書にあります)

いわゆる第5列

北朝鮮は 自分たちに有利な活動をすると思われる大学教授等(進歩的文化人?)を 数十人単位で何度も自国に招待していました(なんとか訪朝団といったと思うが) 2回金日成に会った人から直接聞いた話です
どういうつもりか 昭和40年代に日本の小学校で「千里馬」が上映されていました これは日本人によって作られた朝鮮宣伝映画です! 第3国人の走狗である日教組の企みだったと思います
教育の場への宣伝工作は効果が上がります 勉強のできる子は教科書の内容を鵜呑みにします そうすれば成績がよくなるからです 優等生は欺瞞に満ちた偏向教育で洗脳されたまま成長し やがて教師や学者になり あるいは出版・報道等へ入り込んでいきました

ようやく明らかになったのは拉致問題に限りません 数十年にわたって隠蔽されてきた不当・不正に対して声を上げる人たちが現れ始めました それに対し危機感を抱いた第3国人と支援組織は「ヘイトスピーチ」「人種差別」といった 論点すり替えの虚言・妄言をまき散らしています
役人と時の政治家は責任逃れと保身のみが身上で このような状態を放置し見て見ぬふりを決め込む 既存メディアは外国勢力による言論弾圧に同調するという奇態な国となり果てました

報道が萎縮したのは金嬉老事件の時以来だったと記憶します 人種差別がこのような事件を引き起こしたとする論調がまかり通ったのです その時から新聞は 第3国人の本名を明かさなくなりました 市民グループ・市民団体という言い方も同様で 本性を隠すための言い換えです

情けない話ではありますが 内乱をくぐり抜けてきた者が権謀術数に長けているのは必然なのかもしれません 同じ半島であるイタリアが分裂していてマキャベリを生んだように
半島人という括りもできそうです ロシアが再び侵攻したクリミアも半島です 大陸の端ということで地形的に中途半端な存在なのでしょうか

外交攻勢・宣伝工作

朝鮮来聘使が書き残したものを見れば 建前・体裁・面子が一番大事な民族性のようです 夜郎自大といいますか 中国と日本の中継点・通過点であって 独立国としての歴史も文化もないわけですから このように無意味な擬似的外交使節団を送ったりします
精神構造は今も変わらず 漁業以外に戦略価値がなさそうな竹島に居座っているのも 意地を張っているだけのように見えます

「歴史認識」云々といった外交詐術を 日本国内やアメリカ・国連に持ち込ませてはいけません 朝鮮来聘使なども極めて偏狭な見方をしています やはりこれも民族性ですから咎め立てしても無駄でしょう 日本への言いがかりは外交の場で対処すべきこと 外務省の責任です

捏造(でつぞう)した歴史を自国内で吹聴したり 北と南でいがみ合うのは自由です 勝手にやっていればよい しかしこれは日本国内における流民問題に関わっています 日本にとっては とんだトバッチリということです

謀略工作は実動班だけではできません 現地での協力者(エージェント)・収容班(活動拠点・移動手段・資材・資金担当)が欠かせないのです
朝銀にはログペリオディックアンテナが立ってましたし アジトから通信機と乱数表が押収されたのは枚挙に暇がありません 金大中事件というのもありました やりたい放題ですが 法が整備されていないため取り締まることはできません

拉致問題を社会党は事実無根の捏ち上げと強弁してきました 不当移入の第3国人が我が物顔に振る舞い あまつさえ教育・報道・史学の場で扇動していること それに呼応する市民グループと称する内通者・不穏分子を 放置・野放しにしていては日本は危うくなります

テロル対策、犯罪対策

靖国神社に放火した 中国籍とされるテロ犯が韓国に逃亡したとき 韓国政府は犯人引き渡しを拒否しました テロ支援国家と断言していい対応です
靖国神社爆破は単なる嫌がらせや騒擾目的ではない 日本人の殺傷を狙った明瞭なテロ行為です 構図としては パリで起きた連続襲撃事件・カリフォルニア福祉施設の銃撃事件とさほど変わりません

さて日本政府とマスコミはどうするつもりでしょう テロ犯なのに爆発音がした住居侵入罪などと言い換えていたのが 今は全く沈黙してしまいました
失敗したため人的被害が出なかったといって 微罪で放置したら 日本はテロ行為に対して自衛しないというサインを世界に示すことになります 他の国ではテロ犯に対して予防拘束まで認めています

日本から数々の仏像・仏画を盗み出しているのは組織的犯行です なにしろ韓国政府がこの犯罪を容認し お墨付きを与えています
2017年1月31日追記=日本から盗み取った仏像の所有権が 韓国の寺にあるという判決が出たそうです 新羅以来変わらぬ賊徒の国ということになります)
先般のサンケイ新聞ソウル支局長事件を見るまでもなく 韓国は中国・ロシアと並ぶインターネット検閲国家でもあります

それだけでなく日本のインターネット環境は韓国資本に席巻されていて 言論統制が図られているようです ヘイトスピーチといったデマにより 自分たちに都合の悪いブログ・動画を削除 遮断・閉鎖 ウィキペディア書き換えといった行為が横行しています
(なんと大阪市は日本人の言論を弾圧するため 第3国人が匿名で密告することを奨励する条例まで作りました)

オンラインゲーム・ソーシャルゲーム運営会社の詐欺的商法により 若年層の被害者が続出しています 日本では賭博行為が非合法とされ かつての博徒が姿を消しました その代わり出てきたのがパチンコに始まる 遊戯(ゲーム)に名を借りたギャンブルです
賭博的なオンラインゲームは韓国のNAVER(LINEの親会社)などが主でした これらで上がる利益も 姿を変えて日本への謀略工作に利用されています

4月23日追記=一部自民党議員と公明党により 「特定の民族などへのヘイトスピーチ(憎悪表現)を抑止する法案」が提出されました

当法案の問題点は2点あると思います
1.特定の民族を幇助するためであること
2.言論弾圧を正当化しようとしていること

特定の民族とされる者たちや外国の内通者がなぜ ヘイトスピーチ(悪口・憎悪表現)といって騒いでいるのでしょうか? 彼らの身に疚しい事があるからではないですか
警察庁の犯罪統計で明らかな 中国人と朝鮮人の犯罪率の高さ 難民でもなく帰化もしないまま 戦後70年も居座っている流民が正当性を主張する現状 不当移民への批判を人種差別として論点をすり替えているのです
今まで看過されてきた あるいは糊塗されてきた事実が 衆人の目に触れるようになってきました インターネットのおかげで 本当の言論の自由がもたらされたのです

インターネットの世界も一部の国で統制が図られています 中国・ロシア・韓国はインターネットでも早くから言論統制を行っています
インターネットは1国に留まりません 中国によるサイバー攻撃に加え 日本のインターネット環境は LINEに代表される韓国資本に席巻されています 韓国情報部がLINEの通信を傍受しているという報道もあります
そのためインターネット上の言論に対しても 自分達の悪事を指摘したブログや動画投稿の削除・遮断・閉鎖が行われています 当法案は こういった不当な行為を正当化・合法化しようとする意図を持ちます

民主主義の国日本で言論統制を図ろうとするのは 許されることではありません まして特定の民族におもねって 自国民の言論・表現を束縛するに至っては正気の沙汰と思えません
国内外の外国勢力による日本への誹謗中傷と犯罪行為は野放しにし それに対する一切の反対意見を封殺するというものです 当法案は言論弾圧どころではありません
外国勢力に阿諛迎合し 独立国であることを自ら放棄する暴挙といえます 法案の発議者は まさに売国奴と呼ぶにふさわしい