AIDMA_AISAS_A3JR

このごろ広告業界以外の方が「」とか「AISAS」とかの解説をしているのを見かけます
AIDMAはかなり古く 現実にそれで通用するかは ?の部分が多いものです
AISASは どうなんでしょう Eコマースには当てはまるような気もしますが……

「A3JR」というのを考えてみました 私のオリジナルではなく プロパガンダや布教による態度変容の過程をまとめたものです 決して新しいものではありません ギリシャ・ローマ時代から使われている手法です(でもインターネットの世界 webマーケティングにもっとも合致していると思われます)

⑴ 注目(Attention)=同じAttentionですが AIDMAの場合「注意」を喚起するための キャッチフレーズやビジュアルインパクトを指します 「注目」としたのは 主体的な検索等によって 情報の受け手が親近感を持つ状況作りのことです
⑵ 誘引(Attraction)=AIDMAの「関心」と似ています ただ興味を持たせるだけでなく それよりももっと直截的に 利益を差し出すことです いわゆるパンとサーカスです インターネットの場合は役に立つ貴重な情報にあたります
⑶ 同意(Assenting)=この辺から大きく変わってきます AIDMAでは欲求をかき立てる段階ですが A3JRはメッセージを理解し 納得してもらうことを重視します 理性的にとは限りません 感情的であったり 時に脅迫的なこともあります
⑷ 参加(Join)=もっとも重要なプロセスです 一方的な伝達ではなく 双方向性であり さらに強制と服従を伴う一種の儀式ともいえます 現実の行動としては うなずく クリックする 質問に答えるから 署名 電話するなどがあります
⑸ 反応(Reaction)=いろいろな程度があります 商品を購入する 積極的に人にも勧める 自ら宣伝役を買って出るなど 潜在意識にとどめるだけの場合もあります それでも次のメッセージを容易に受け入れる下地はできているのです

※AIDMA=⑴ 注意(Attention)⑵ 関心(Interest)⑶ 欲求(Desire)⑷ 記憶(Memory)⑸ 行動(Action)

こちらの 広告テクノロジーは「アホマーケター量産装置」? マーケの本質は“売れる”環境づくりの知恵やノウハウにあり(加藤 公一 レオ) 記事が面白いです 一見新しそうな技術もじつは衣だけ 中身はそう変わらないことを見抜いていらっしゃいます 通販激戦区九州で活躍されておられるそうで 実践に基づいた感想なのでしょう(たぶん)