平和憲法・安全神話は呪文

平和憲法があるから日本は戦争に巻き込まれない
日本の原発は安全だから非常時の対策は必要ない

どちらもお呪い・呪文です 現実が見えない 現実を見たくない 現実をごまかそうとしている
お呪いは(おまじない)と読みます 呪い(のろい)と同じ字ですね お呪いを唱えているだけなら日本は呪われるでしょう

呪術には原因と結果の因果関係があります いわば科学的思考なのです 科学的何々という言い方は 現実が理屈に従うという考え方になります(これがすなわち呪術です 科学的見地に基づいた「世界一厳しい安全基準」 という呪文が自然災害を制御するの類)
お呪いと祈りは異なります 祈りは人知を超えたものに対する畏れです 科学が自然を制するとか 原子力の平和利用だとか 「科学の威力だ鉄腕アトム」は呪術に過ぎません

科学的思考って絶対性というか唯一の真実を求めるものです 排他的であり独善的ともいえます でも科学的に証明する前から事象はあるわけで 所詮あと理屈です
宇宙物理学(というのかな)で 宇宙の成り立ちに関して科学的に説明できない(理屈に合わない)ことが幾つかあります 素人の目から見れば理屈の方が間違っているだけじゃないかと思います しかし矛盾点には高次な意思が働いているとする一派があるのです

その昔のコペルニクスの話みたいですが 科学的なんてその時点の知見で人間が判断したことにすぎないのです 辻褄合わせ・思い上がりといっていい
科学的とは一神論だと思います 最終的には神に委ねるしかない 科学的な解明は神と同じく無謬であるから疑うことを許されない

憲法を金科玉条のように敬い奉るのも やはり一神論に通ずる思考のような気がします 憲法は無謬であって絶対服従しなければならない 現実にそぐわない部分は いろいろな解釈で呪文を作り出します
(とくに自衛隊について「」とか「」とか「必要最低限の武力」とかです こんなお呪い唱えてる国ありません 専守防衛なんて本土決戦と同じこと ・制空権を失ってる状態です 戦いの原則は優勝劣敗です 必要最低限の武力では自衛隊員を犬死させるだけ)

日本独特の宗教観として 神と仏の併存があります 神は本来自然事象のことです 多くは荒ぶる神で人の手の及ばない領域です 仏教は諦観ではないでしょうか 釈尊の教えも自然+利害関係(四苦八苦)をあるがままに受け入れる 受け入れた上で解脱します

仏教が日本に入ってきたとき呪力合戦が行われました 結局仏教の法力が勝って受け入れられました おそらく中国から朝鮮半島を経る際に変質したのです(半島は「怨憎会苦」大陸は「求不得苦」に囚われています)
仏教とくに大乗仏教が成立したのは東南アジアです 大陸・半島ともに単なる通過地であり仏教は根付かなかった それどころか仏教国のチベットなどが迫害を受け続けています

小さなテントウムシダマシが植木鉢の縁をぐるぐる回っていました 翌朝ベランダを見るとまだ回り続けています きっと円周率を計算しているのです
植木鉢は円環なのだからいつまで巡っても答えに行き着きません でも大切なのは計算し続けるという科学的な態度なのです

幸いにテントウムシダマシは飛ぶことができます お天道さまに向かって飛び立ったようで その日の午過ぎには姿を消していました 呪文を唱えることをやめ 祈る賢明さを知っています