越後湯沢温泉

 ブランディングはイメージの売り込みや イベント等で知名度を上げることではない 脚下照顧 まず自らを見つめ直すのが肝要だ

越後湯沢温泉はなぜ衰退したか

もちろん新幹線のせいだ 温泉は非日常の特別な体験だから 人が惹き付けられる 交通の便は関係ない
加えてスキー客を当て込んだためだ 鄙びた素朴な湯治場の風情が壊されるにつけ 客足は遠のいていった
いま 上越新幹線・越後湯沢駅から外へ出ると 目の前には道路が横切って車が行き交い信号さえない お客様をお迎えする心はどこにも見当たらない 散策できない温泉街に人が来るわけがないのである

あのリゾート法という世紀のまやかしに便乗して 安手の温泉付きマンションとやらを造りまくった湯沢町 当時アルバイト程度の建築作業員に 日当6万円を払っていたという
いまや 廃墟と化した建物を取り壊す費用を宛てがうことさえできない 無節操に無思慮につくった施設は負の遺産となり 再生・復興の足枷として残るのみだ

もともと旅館は 旅行代理店からの団体客を当てに営業していた 個人客の増加に対しても 相変わらず集客を他人任せで 自らの努力を惜しんでいた
たとえば 旅館名で検索しても多くの場合 上位に表示されるのは予約サイトばかりだ むろん 予約サイトからオフィシャル・ページには行けないようになっている この状態に甘んじて顧みることがない

かつて 川端康成の小説が唯一の売りだった越後湯沢温泉 たしかに雪国は長い間 冬の交通網整備が大きな懸案だった
(おそらく田中角栄のおかげで)道路が整備されたのだが 効率のみを求めた結果 歩行者のことは置き忘られた
そのため地方都市は車なくしては生活できない いびつな場所になってしまった 昔の街道にあった「雁木」の精神はすっかり失われるに至ったのだ

経済振興のかけ声で作られた 新幹線も高速道路も 途中通過の町の生活と地場産業を崩壊させたのみだ 省庁が主導する お手盛りの法律と利権と外郭団体と族議員で形作られるサークルに 税金が垂れ流され消えていく典型例を見るようである