日本国憲法

知られているように 現行日本国憲法はGHQの草案に基づくものです 根底には 日本を連合国()の支配下におくという主旨があります
同時に進行していた極東軍事裁判と連動していて 国家主権の発動たる交戦権を認めません 要するに日本の武装解除です そのため現在でも国連軍駐日司令部が存在します

(現行憲法成立に関しては 国立国会図書館の電子展示会「日本国憲法の誕生」が第一級の資料・解説です)

翻訳文の字句の解釈をいくら言い立てても 本質が変わるわけではない(第9条の「国権の発動たる〜」を国権=国家権力=時の政府のことだと主張する類) 原文は「a sovereign right of the nation」ですから「国の統治者(独立)の権利」となりますか
主権のことですね governmentと同じではない 主権国とは植民地でない独立国のことです 統治するのは君主であったり参政権を持つ国民であったりします 主権はsovereign powerですから どう読んだって自衛権なんて認めてないでしょう

サンフランシスコ講和条約で日本は名目上の独立国となります しかし朝鮮内乱()が勃発するにともない 駐日司令部は後方司令部という名称で兵站基地の役割を担うようになりました 国連駐留軍というかGHQが引き上げたわけじゃありません 日本を武装解除してもアジアに平和は訪れなかったのです
日本の武装解除により政情不安になった極東で 東西冷戦に対応するため日米安全保障条約が締結されました 国の主権たる交戦権を認めない日本国憲法には統帥権の規定がないので 自衛隊は実質的にアメリカ軍指揮下にあります 傭兵隊か義勇軍と同じ立場でしかない

もし日米安保条約が破棄されアメリカ軍が引き上げたら 中国が代わりに駐留することは可能です 敵国条項がありますから常任理事国の旧敵国への軍事行動は 国連総会等の決議に拘束されないのです 敵国条項は国連総会で削除が決議されましたが 中国の拒否で実現できていません またサンフランシスコ講和条約を中国は批准していないのです
日本は交戦権を放棄しており統帥権もない以上 自衛隊が単独で人民解放軍の侵攻を阻止することはできません ロシアの傀儡ウクライナ大統領(統帥権を持ちます)が逃亡した結果 クリミア半島のウクライナ軍は戦うことなく投降するに至りました 戦争に勝つ負けるは 戦力の問題ではなく運用の問題です

中国が第1列島線と称するものを引いています この中に沖縄が含まれているのは 中国の長期軍略を物語っています 通常このような仮想ラインや防空識別圏は 軍の運用の目安にすぎず 大々的に公表するものではない 沖縄占拠を既定事実としてアピールしているのです
盛んに沖縄独立などとキャンペーンを張っているのは 一連の外交政策ですね(クリミア半島も まず最初に住民投票で独立?を果たしました) 沖縄独立から米軍基地撤去そして尖閣諸島・沖縄に橋頭堡を築ければ 東シナ海の制海権を確保できます

中国が 事ある毎に歴史認識云々と繰り返すのも 第二次世界大戦終了時の枠組み(ヤルタ・ポツダム体制)を維持するためです 今や日本の武装解除により空白地域となった南シナ海の制海権を握りつつあります
現行憲法はマッカーサー主導で作られましたが 中国にとって まことに都合のいいものとなりました 朝鮮戦争を予見できなかったため アメリカ世界戦略の足枷になっています 明らかにマッカーサーの大失策です

アメリカは朝鮮戦争まで毛沢東のゲリラ戦・人海戦術を経験していません マッカーサーが日本国憲法を作った時は 正規軍同士の戦争しか想定していなかったのじゃないかと思います
原爆の1〜2発も落とせば朝鮮戦争は簡単に終わるだろうとの発言で マッカーサーは連合国軍総司令官を解任されました 聖書には神の怒りに触れて劫火に焼かれ 殲滅させられた都市の記述があります 東洋人などその程度にしか見ていなかったのです

ソ連の崩壊により東西冷戦が終了し 一方で人民解放軍の軍備増強は加速しています 日本国憲法が作られた時から世界情勢は一変したため アメリカの世界戦略は変更を余儀なくされる事になったのです しかしトランプ大統領の認識はマッカーサーと大差ないよう見受けられます
トランプが日本も核武装をと発言しましたが 暴言でもトランプの無知でもなく普通一般の感覚です アメリカ人にとって日本国憲法など全く無関心ですし マッカーサーが作ったなんてことを知っている人は おそらく皆無に近いと思います

2月6日追記 とりあえずアメリカ国防長官と連邦軍は良識のある対応をすると言明しました トランプの暴走は止まらず統帥権は大統領にありますから 予断を許さない情況であることに変わりはない 安保条約だけに日本の国防を委ねるのは不安が残ります
2月14日追記 安倍首相はトランプからも確約を取ることができました たしかに思いつきで世界戦略を変更するわけにいかないので 順当な結果であろうと思います