KJ法とiroha Noteとインターネットの親和性

私は現在ほぼ一人で作業します 仕事のための発想法はKJ法を参考にしています
KJ法が他のアイデア発想法と異なるのは 連想をあまり重視しないことと 最初にテーマを決めつけないことのように思われます

こだわりを捨てることで カオスのなかから本当のテーマをあぶり出すとか 思いもかけなかった問題点・解決策を見いだすという感じですか KJ法を用いて ほんの小さなヒントが最終的に全体のコンセプトになるのを経験します

川喜田二郎先生は

  • 親近性を感ずる能力
  • 空間的な関連性を築く能力
  • 時系列的な順序立ての能力

は異なる能力ではないか との仮説を立てておられました

KJ法の本質は 手と目による着想と私は理解しています ロジカルでなく直感です 手でカードを並べ、目で空間配置を見る 手技・工芸に近い?
この時 最初から方向性や優先順位を定めないのが肝要です 関連付け・重み付けの作業を 脳内でやってはいけないのです Don’t think,feel.(考えるな 感じろ)ですね

もし人間の能力に3つの種類があるのだとすれば ひとつひとつの能力を順番に用いて作業するのがKJ法です 一人の作業ですが 人格を3人に分けて共同作業するようなものです

マインドマップも使ってみましたが 頭の中の考えを図式化し 整理するだけのような気がします この点に違和感を感じました 少なくとも私にとっては 新しい発想を導くものとはいえません
私が論理的な思考ができないから 非線形に親近感を覚えるのかも知れません

アイデアは 虚心坦懐から生まれます 理屈はすべて後付けです 人間の脳の記憶容量は広大でも 作業領域は意外に狭いのです
丸暗記とか単なる知識から創造性は生まれません 頭の中だけで考えてもたかが知れています(私だけかもしれませんが)

私の扱う案件は 先方でも問題点をよく把握できていないか 方向性があいまいなことが多いのです 与えられた課題の答を出すのではなく 何が問題なのかを発見する必要があります
すなわち ソリューションではなくコンセプトメイキングの作業 これにはKJ法がうってつけです

実務上では ”アトリエいろは”様の〈iroha Note〉を用いています KJ法をパソコン上で行うため 様々なアイデアプロセッサーを使ってみましたが この irohaNote が一番なじみやすく使いやすいのです
使い勝手がソフトウェア的でなく アナログ感覚なのがKJ法にふさわしい気がします

ところでKJ法の川喜田先生は ご著書で「発想法は電算機に置き換えられるものではなく、たぶん電算機を賢明に使う方法に通じるだろう」と述べておられます
昭和42年の言葉ですよ メインフレームの時代に すでにKJ法とパソコンの親和性を見抜いていた?

また同じ著書で KJ法をマネジメントに応用された城功氏が KJ法を普及させるにあたり「まず5、6人の内弟子をとれ、その他の連中には教えるな。その弟子が、またそれぞれ5、6人に限って内弟子をとる…。これがいちばん効率的な方法だ」とおっしゃっていたと紹介されています
この多角形とコアの構造 WWWを予言しているように思えるのです さらに FacebookとTwitterによる世論形成にも似通っている感じがします