未曾有

未曾有の読み方は(ミ・ゾゥ・ウ)ないしは(ミ・ゾ・ウ)です 最近テレビなどで(ミゾー)と読んでいることがあります
こんな読み方が出てきたのは 元総理大臣であった麻生氏が(ミ・ゾー・ユー)と読んだことを マスコミが揶揄したからです

未だ曾て有らず 希有なことという意味の 3文字熟語ですから 最後の有は(ウ)であって 長音(ー)ではありません 有の字はこの場合(ウ)と読み慣わしますが(ユゥ)でも間違いとはいえません
しかし(ミゾー)は完全な間違いです たぶん ふりがな通り読んだのでしょう

ひらがなには音引き(音を伸ばす記号)がありません 東京のふりがなは(とう・きょう)で 発音は(トー・キョー)になります これと同じと思ったのですね
東京は最初(トー・ケイ)と言ってたみたいで 江戸っ子が上方風の読みを嫌ったからといいます

旧仮名遣いだと〈きゃう〉〈けふ〉〈けう〉いずれも(キョー)と読みます しかし誰も「稀有なこと」を(キョー・ナ・コト)とは言わない 元の字と意味を知っているからです
未曾有は仏教用語だったそうですが 呉音だの漢音だのを云々する必要もありません 仏教用語が呉音 儒学者は漢音というのも 権威付けから始まったんじゃないかと思います

私は麻生氏の肩を持つつもりはありません 居ても居なくてもよい どうでもいい存在だと思っています 役に立たないが さほどの害もない(九州電力との関係は気になりますが) せいぜい読み方を少し間違ったり Gなんとかに出て はしゃぐ程度です それよりも 権威主義のマスコミの方が質が悪い

全然違う話題ですが旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)の読み方で 「玉子ふわふわ」は(タマゴ・ブワブワ)です (タマゴ・フワフワ)と読ませるのなら「玉子ふはふは」と書きます
卵液がぶわっと沸き立ったところを賞味する料理です 漢字では浮々煮と表記していますから 口当たりを言ったものではないでしょう 類似した料理のスフレも 吹く・膨らませるという意味です これも膨らんだ熱々を直ちに食べます