戸籍名とフルネーム

日本には個人のフルネームがありません 明治以前の庶民(町人)には姓のない人がいた とよく言われます しかし今でもそれは変わっていないのです
私たちが姓だと思っているのは 実は戸籍名1)姓が個人の属性でないのは 我々庶民に限りません 戸籍のない皇族方が姓を持たないのも同じ理由です 戸籍制度ができる前 武家・百姓以外の町人(商家)には家名がなかったかもしれませんです 個人の属性は名前しかありません だから結婚や養子で戸籍が変われば姓も変わります

アメリカなどでは 出生届けにファーストネーム・ミドルネーム・ラストネーム(と両親の姓名)を記載します これは一生変わることがありません 名付けに制約はなく自由につけられます 家族のラストネームがすべて異なることもあります
改名・改姓も可能ですが(犯罪歴がなければ) そうすると出生証明書と改名・改姓許可証の2つになります ノーベル文学賞を贈られた(けど無視!)ボブ・ディランさんは 芸名を本名に変更しているのだそうです 改名・改姓は裁判所に届けて審査を受けます

社会生活上は本名でなく ニックネーム(通称名)で通すのも普通のことです とくに女性は結婚すると多くの人が夫の姓を名乗るようです いちいち改姓届けは出しませんが
子供のラストネームに父方のラストネームを付けることが一般的ですから 家族の一体性を保つという意味があります ラストネームはサーネームともいい 家系(通常は父方)を表します
このような社会慣習を尊重し アメリカ大統領選はクリントンの通称名で立候補します ドイツのメルケル首相も通称名(前夫の姓)です これが世界の一般常識と言っていいでしょう

女性教師が学校内での旧姓使用を求めて 裁判を起こしましたが認められなかったそうです おかしな話だと思います 旧でも新でも戸籍の姓が本名という訳ではないのに
たぶん教員免許は旧姓で発行されていると思います 結婚したからといって変更はしないでしょう 通称名(旧姓)でなんの不都合もないはずです(最近は更新制になったからどうかわからない)

明治以前に武家と百姓であったものの戸籍名(姓)は家名を表しますから 家制度の名残だというのはその通りです でもそれはサーネームと同じ事で 日本だけが旧態依然というわけではない
いまさら戸籍制度を廃止する事もできないでしょうが 戸籍名イコール正式名とし強制するのはやめるべきと思います アメリカや他の国では結婚したら通称名で夫の姓を名乗るのですから 日本は職場など通称名(旧姓のまま)で構わないではないか

ただ これを夫婦別姓論と結びつけてはいけない 朝鮮や中国が夫婦別姓というのは社会慣習上 結婚しても女性がサーネーム(一族の家名)を名乗れないということです 子供は父方の姓になりますから家族の中で別姓は妻だけなのです 
別姓を名乗れないのは女性の権利をないがしろにしている 家族が同じ姓を名乗るのは先祖を大事にする日本の伝統だ どちらも戸籍制度に縛られた妄言です2)どのような制度であろうと 家族の中で夫婦(あるいは嫁・婿)だけ血縁がありません 親子の縁は多分死後も続きますが 夫婦の縁は互いが生きているときだけです その縁さえも儚く危ういものです 家に縁を求めるのは自然な感情ではないでしょうか

日本の戸籍制度では 犯罪者が養子縁組で簡単に姓を変更したり 偽装結婚で中国人等が日本人になりすましたりできます こちらの方が問題です
日本の姓が世界でも群を抜いて多種多様だったり また反面で同一地域に同姓が多いことが示すよう 元来あまり拘ってはいなかったようです

同じ姓でも戸籍に記載されている文字が多様で一点一画の違いが多いのは 書き写す時の書き間違いや書き癖に由来するといわれます はたしてそうでしょうか いちばん多いのは分家同士が区別するため別字に書き換えたことが理由と思われます3)姓の文字を変えても読みが同じことが多いので 通称名として屋号・地名で呼ぶようになります 明治期に屋号をそのまま姓にする例がありました 区別のためであって 家名がなかったわけではない
ついでながら 我国の漢字は同じ文字で新字や俗字など何種類もあります けれど画数が多くて難しそうなのが正字や旧字というわけではありません

References   [ + ]

1. 姓が個人の属性でないのは 我々庶民に限りません 戸籍のない皇族方が姓を持たないのも同じ理由です 戸籍制度ができる前 武家・百姓以外の町人(商家)には家名がなかったかもしれません
2. どのような制度であろうと 家族の中で夫婦(あるいは嫁・婿)だけ血縁がありません 親子の縁は多分死後も続きますが 夫婦の縁は互いが生きているときだけです その縁さえも儚く危ういものです 家に縁を求めるのは自然な感情ではないでしょうか
3. 姓の文字を変えても読みが同じことが多いので 通称名として屋号・地名で呼ぶようになります 明治期に屋号をそのまま姓にする例がありました 区別のためであって 家名がなかったわけではない