パン

子供の時 ホットケーキとパンケーキがどう違うのか(同じものですが)疑問に思っていました いろいろ考えて出した結論が おやつに食べるときはホットケーキ パン代わりに食べるのがパンケーキだという解釈です

ホットケーキミックスが世に出たころのことです アメリカの探偵小説で 朝食にパンケーキを焼いて 固茹卵だったかベーコンエッグと共にコーヒーで流し込むといったシーンがあって どうみてもホットケーキのようで悩んだのです

オーブンは昔天火といってました そこでオーブンプレートのことを天パンといいます 天火のパン(平鍋)ですね
若い主婦向けの雑誌が盛んに創刊されたころ(出版社でなくTV局や流通業者が出していた) たぶん最初は誤植だったんじゃないかと思いますが 天板と書いてることがありました

やがてそれが定着したというか 誰も疑問に思わなくなったみたいです 板状に見えなくはないが 天火といわなくなったのになぜでしょう
天板という言葉もあって テーブル・タンスなどの上部 平らな板のことです 子供が食パンのパンとフライパンのパンで混乱するのと大差ない いい加減さです
奇妙な言い回しは 女性誌・ファッション誌といわれた雑誌から始まり TVで広まったように思います いろいろありますが書くと気分が悪いので書きません

スポーツ雑誌も プロサッカーが盛んになるに連れ それまでの写真グラフ誌から 記事主体になったみたいです
スポーツライターという職種?ができ 荘重華麗な文章を書きたかったのでしょうか どこかで聞きかじったような こなれない美文調を真似ていました それをやはりTV放送の時アナウンサーが真似 耳障りな中継を行うという具合です

昔の新聞記事の擬古文調は一種独特の趣がありました(新聞屋文というらしいですね) キューバのカストロが死んだとき朝日新聞はほぼ全面カストロの記事で埋めてました たぶんカストロを賛美するというより 過去の人なのでデータベースからいくらでも書けて楽なんでしょう
かつての天声人語はコラムのお手本のように言われていました 今はどこかから引っ張り出してきた孫引きばかりです 自社のデータベースを使っているんで特に問題はないと思いますが いわゆるキュレーションサイトと大差ないことをやっているわけです