外交における態度など

トランプ大統領の堂々としたパフォーマンスは 中々のものです 習近平も手強い相手だと思っているでしょう 映像は世界に配信されます 外交でとても大事なことです
安倍首相のオドオドした態度は 少々情けなかったが やむを得ない 緊張していたのでしょう 国際関係における日本の存在感はあの程度です 日米安保の堅持を引き出したのだから 良しとしなければならないか

トランプといえば今やツイッターですね それにも関わらずツイッターの凋落はとどまりません(確かヒラリー・クリントンが敗北した一因が私用メールアカウントでした スマートフォンから私的アカウントでツイートするのは構わないのか?)

ウェアラブルデバイスも 今後どう展開するのか予想できません とくにスマートウォッチがパッとしないようです
私も物好きにペブルウォッチを購入したら 程なくメーカーが消滅してしまいました まぁ買ってみたら中途半端で 単なるガジェットにすぎなかったのですが

ツイッターは原点に立ち戻って リアルタイムの囀りに徹するべきかもしれません スマートウォッチで音声入力することに特化すれば面白い 腕時計に話しかける そんなマンガが過去にあった気がします
スマートウォッチに通知するアプリはもちろんあります 音声入力などはスマートフォン本体になるのでしょうか カメラ搭載のスマートウォッチも出てきていますが怪しげな使い方も想定されるし これからどうなるんでしょう

カメラアプリといえば Snapchat・Spectaclesのように 閲覧したら消えてしまうコミュニケーションツールが普及すると また大きな変化が表れそうです 刹那の共有は価値を生み出すか フェイスブック傘下のインスタグラムも 24時間ではありますが消滅系で追随しています
考えてみれば 映画と初期のTV放送のいちばん大きな違いは 記録性と同時性だったのです 現場から中継しますの機動性がなくなればTVの価値はない いまはすべて下請けに丸投げか借り物の映像だけです

地図で見るロシア・中国

徒然にGoogle Earthを見ていましたら クリミア半島はまさに黒海の緊要地ですね かつての旅順港と黄海の関係に類似している オホーツク海へ目を転じれば千島・樺太の重要性がよくわかります
中国が尖閣諸島に執着し盛んに沖縄独立キャンペーンを張るのも 台湾に対して国連外交などで一つの中国を執拗に繰り返すのも 南沙諸島に軍事基地を建設する理由も容易に理解できます

そして日本海を挟んで日本列島の対岸は満州国(旧渤海)です 台湾からルソン島へは島伝いに行けます 日本海の規模はちょうど イタリアからフランス・スペイン アルジェリアを結ぶ西地中海ぐらいです
地中海全体の広さを見ても 日本海・東シナ海・オホーツク海ほどだろうか 地中海を巡って文明が発達したのですから 環日本海文明があって少しもおかしくない ルソン助左衛門が活躍したころ 南方ではカンボジアに日本人街があったほどです

私は地政学とかに興味はありません でもこうやって眺めていると 学校で習った歴史とは違ったものが見えてきます 学校にあったメルカトール図法の世界地図では なにも読みとることができない 当時は太平洋側を表日本 日本海側を裏日本といってました
東西冷戦の頃 TV番組で社会党の国会議員が 米ソ戦争が始まったら 日本の頭の上をミサイルが飛び交うなんて まじめな顔で言ってました 日教組だっただろうか 頭の中には学校の世界地図しかなかったのか 太平洋戦争という呼称に呪縛されていたのか