一神教と難民

一神教でもイスラム教の話です かなり前のこと熊本地震の時 すぐに自衛隊が出動して炊き出しを行いました 被災地の人におにぎりと豚汁を振る舞ったのです
被災者の中にイスラム教徒の人たちがいました その人たちが豚汁に対して文句を付けたそうです ただしTV報道を見ただけなので 事態の正確な推移は分かりません

誰でも好き嫌いはありますし 医者から禁じられている食べ物もあります 食べられないのなら「せっかくですが 宗教上の理由でこれは食べられません 代わりに水をいただけますか」と言えばいいことです 「それならお茶を差し上げましょうか」ということになるでしょう(イスラムはコーヒーか おにぎりとは合わないだろう)

なにも無理強いした訳じゃない 文句を付けるのは間違っている というのは日本人の感覚です 一神教はそうではありません
一神教は不便なもので 善か悪か正か邪かの2者択一だけです 何方ともいえないとか中庸の徳はない 唯一絶対神の教義に沿わないものはすべて悪です 難民であるとか相手の都合など関係ありません

給食にハラールを出せといっている者たちがいて それに同調する日本人もいるようです(アレルギー食とかと同じ感覚なんでしょう) 別に豚肉を強制的に食べさせようとしてはいない(残さずに食べましょうとかいうから強制かもしれないが) 親が弁当を作るのは面倒だから特別扱いしろという理屈です これを身勝手といってはいけない

一神教の教義に融和とか共存は(同じ釜の飯も?)ないから 仕方のないことです 融通を利かせる(その場しのぎ)という考えは持たないので 受け入れる以上は彼らの教義をすべて容認し それに従わねばなりません
イスラム難民を受け入れながら教義に背けば 数々の問題が生じてきます 一神教に信教の自由はありません 異教徒の地に行っても 戒律に背くことはできないのです 郷に入っても異郷(異教)には従えない

一神教の人々

一神教はユダヤ教・・イスラム教(・共産主義)と分派してきました コーランによると 最初神がノアに神託を下し 次にモーゼに十戒を与えました その次がキリストです
しかし愚かな人類は神のいうことを聞かず そのたびごとに裏切ってきたのです そこで業を煮やした神が 最後に予言者として使わしたのがマホメットです

元が同一なのはコーランでも認めています ただ予言者の解釈や行動が神の意に添っているか どうかを問題視しているだけです
争いがあったとしても 同じ神を信仰している者同士ですから 内輪もめみたいなものです キリスト教は親戚だと明記されています

異教徒とくに多神教に対してはそうはいきません 真っ向から対立することになります 神は我が姿に似せて人間を作りました ですから根底に選民意識があります 赦すのは信者だけです 異教徒に容赦はしない
その神を信じない者は自らの出自を否定するわけですから もはや人間とはいえないのです 少なくとも文明人ではありません
ヒューマニズムとは 神の御元に人間(信者)は平等であるということです 生まれながらに平等ではない(生まれて直ぐ洗礼を受けますけど)

ヨーロッパやアメリカなら 同じ一神教が基盤ですから イスラム難民を受け入れる余地はあろうかと思います それに歴史上の経緯もあり むげに断るわけにはいかない
しかし八百万の神の日本では 神が多すぎてとうてい相容れないでしょう 日本の神々は鷹揚で寛容ですが 唯一絶対神は妥協を許しません 唯一の真理・正義ですから 共存共栄はありえないのです 相手の立場を尊重したり歩み寄ることもない