原子力発電

科学的という名の宗教 科学的社会主義の申し子 そして素朴な科学崇拝・進歩幻想の極みが「鉄腕アトム」放映と「万博」開催だった 同時期に日本の商用原発が稼働し始めたのはけして偶然ではないだろう
原子力の平和利用で明るい未来という美名の下に 原発に反対するなら その科学的根拠を示せという言い方も同じ土壌にある
アメリカの核兵器は人道的に許せないが ソ連の核兵器は自衛のためだと言いふらす連中がいた 原子力の平和利用も同じ文脈だ

原子力潜水艦や原子力空母は実用化されている 小型の原子炉なら通常の運用ではとくに問題ないのだろう オスプレイを見て分かるように 軍事技術はもともと安全性を第一義に考えてはいない
原子爆弾・核兵器も完成された技術だ なぜなら後始末を考えなくてよいから 放射性物質が拡散するといえ 核爆発を起こしてしまえば それで終わりなのだ 兵器としての役割は充分果たしたわけだ 東洋人で唯一欧米列強に対抗しようとした 異教徒である日本に使われた

その熱エネルギーを少しずつ小出しにしようというのが 原子力発電だ 原子炉は爆発することを前提に作っていない だから未来永劫 放射線は出続ける 大量の燃え残りをどう始末するか(真の意味で廃炉にする)方法はない 核兵器より始末が悪い実に無責任なことだ
ほとんどの場合 安全の確率は99パーセントで許される しかし こと原発に関しては100パーセント完璧な安全が求められる 事故が起きたときの影響が大きすぎるから
もともと核技術は兵器として開発されたものなのだから 核兵器や原子力空母 原子力潜水艦にとどめておけばよかったのだ 平和利用なんてまやかしに過ぎない

火の付け方は分かったが 火力調整も消し方も考えないままに使い始めた 燃え尽くすまで数万年かかるという もはや設備としての寿命や耐用年数といったレベルではない 40年使ってそれから後は修理しながら使う? これのどこが安全対策なのだ
最終処分の方法がない以上 原子力発電は不完全な技術だ それどころか 通常の運用でも 日本の原発技術で安全性は確保されていない 活断層があるとかないとかは 全然関係ない問題だ

柏崎刈羽原発も 中越沖地震で放射能漏れがあった しかも冷却用電源の変圧器が火災を起こしている 地震の規模が比較的小さく津波が起きなかったから 重大事故にならなかっただけ 単なる僥倖である
日本にある原発すべてが福島になる可能性を持っている 事故が起きなければ大丈夫? 自然災害がなければ事故は起きない? とんでもない 東海村・美浜・もんじゅ いくらでも重大な事故(みな人災)が起きている 死者も出ている

再稼働反対は問題の解決にならない 使用済み核燃料がむき出しになり むしろ危険なくらいだ すべての原発を廃炉にする以外ない そうしても使用済み核燃料は残る 問題を先送りにすることで もはや手を付けられないところまで来ているのだ
公共の利益のためといい 官僚があらゆる利害関係を調整することにより 誰も責任を取らず制御することもかなわない 巨大な怪物(カオナシ)ができあがる カオナシは黄金を振りまきつつ ひたすら肥大してゆく