かなり可怪しい

実印と印鑑証明 そして連帯保証人って何なんでしょう じつに奇妙です 

連帯保証人というのは 債務者と同じ義務があるのだそうです つまり債務者を飛び越えて いきなり連帯保証人に弁済を要求することができます 債務者の返済が滞ったり不履行をしていなくてもです
このことを利用した高利貸しがありました アイチとか商工ファンドとかです 借りた本人ではなく連帯保証人から取り立てる手口です 債務者本人は多重債務で最初から返す意志も能力もないことが分かっているのです

この連帯保証人には 通常実印と印鑑証明を求めます 白紙委任状に実印を押させる悪質なのもいます
そんなことをしなくても 今の時代なら3Dプリンターで簡単に実印を偽造できます 印鑑証明書を相手に渡したら どのようにでも使うことができるのです

印鑑で本人を証明するなんて 今までもできなかったし これからはますます怪しくなってくるわけです サインの方がよほど確実です
実印制度というのもたぶん お上の権威を振りかざしたものだったのでしょう 今や形骸化し弊害だけが目立つこととなりました

本人証明といえば マイナンバーカードが万能の証明書になると総務省(自治省→内務省)がいってます しかし実際には通用しない断られるところがたくさんあります 運転免許証や健康保険証でなんの問題もなかったのに
印鑑証明は市民カードで発行されていました これを強制的にマイナンバーカードに移させ(?)コンビニで発行させているようです 実印を手軽に使わせるためですかね

このごろ賃貸物件で 連帯保証人の実印と印鑑証明を求めるところが多くなっています 千三つ屋といわれるほど胡散臭い業界です 下手に印鑑証明を渡したら何をされるか
このような風潮は 中国人が日本人を保証人に仕立てて物件を借りることが多くなったためと思われます 狐と狸の化かし合いに善良な日本人が迷惑を被っているのです

8月18日追記=Bitcoinが分裂するという怪しい動きがありました マイニングで稼いでいた中国人が仕掛けたことです 日本国内でもブロックチェーン技術を決済に使うなどと言い始めています もし中国主導で仮想通貨が支配されたら どういうことになるか 技術的なことは分からないのですが 何かきな臭い匂いがします)