打ち水

京都に所用があり 折角のことですから 菩提寺の本山に詣でたことがあります 宿からバスで左京区にあるその寺に向かいました
6月ではありましたが 京の町は大変暑い バスを待つ間 日差しを避けて小路に入りました するとその小路には 涼しい風が吹き通るのです
一歩入っただけでまるで別世界のようです 奥に料理屋さんの玄関が見えたので 私道だったのかもしれません

寺に着き 本尊を拝したり念珠を求めたりしていました 有名な寺でないので観光客は一人もいません やがて鉦太鼓の音が響きわたり始めました どうやらお勤めの時刻だったようです
読経も聞こえてきたので 本堂の外廊に座ることにしました 正座していると暫くして 中に請じ入れていただきました 外は強い日差しでしたが 仄暗い室内には爽やかな風が抜けます

京の古い屋並み 昔からある神社仏閣は 暑い夏を過ごす工夫が凝らされていると聞きます 風の通り道を計算して建築されているのです 体感してみて初めて 先人の偉大さに気づきました
所用先の近くにある本能寺にも足を運んでみました 観光化され人がごった返し 狭い境内にはコンクリート造りの建物が建ち並び 風どころか人いきれで蒸せ返るようです

ひところ TVで打ち水が盛んに取り上げられたことがあります 子供たちや浴衣の女性が 柄杓で熱く焼けたアスファルトに水を撒く図が放映されました
打ち水も昔からの涼を求める工夫です 物理的な事情はよく分かりませんが 撒いた水が蒸発する際に気化熱を奪い 周囲との気温差で風が巻き起こるようです 小さなダウンバーストでしょうか

木陰が涼しいのも同じ理屈です 木の葉が日差しを遮ると共に 温度差から並木には風が吹き抜けます
打ち水をするのは 砂利を敷き詰めた庭が最適です 保水力と浸透性があり 緩やかに水が蒸散することで風が生ずるのです 周囲に木々があればなお良い
日の高い時に焼けただれたアスファルトに水を撒いては 湿気で蒸しむしするだけです 多少の気化熱の効果はあるでしょうが ビル風を巻き起こすまでは至らない(そういえば 散水車を見かけなくなりました)

それに水の撒き方が違います 扇状に満遍なく撒かねばなりません 撒いた水が流れたり水溜りができるようではいけません
さる人が「露地に水打つ事 大凡に心得べからず……」と書いています1)南方録(来歴が怪しく偽書とされています) 利休を権威付け 茶と禅を結びつけ 日本文化の代表の如く演出するには 秘密めいた由来が与っています この打ち水は 客を迎える茶室への苔むした道が しっとりと濡れているように という心得ですから 見た目の涼です
しかしながら 水を撒く事ひとつでも心得が必要という点では教えられます 私は利休や茶道は好きでないのですが

References   [ + ]

1. 南方録(来歴が怪しく偽書とされています) 利休を権威付け 茶と禅を結びつけ 日本文化の代表の如く演出するには 秘密めいた由来が与っています