ななつ星のデザイン

先に九州地域経済圏のことを書きました そこで「ななつ星」に期待していると言ったのですが……
でき上がった車両デザインには 本当がっかりしてしまいました 実物を見ていないので軽卒なことはいえません 目の当たりにしたら また印象は変わると思いますけれど

デザインの意図が伝わってきません デザインってコンセプトの表現でしょう 装飾じゃないはずです(もしかしたら 金に飽かせた贅沢三昧がコンセプトなのかも)
あるいは 外国からやってくる観光客を意識しているのでしょうか 外国人がイメージする日本的なものをテンコ盛りにしてみた? 有田焼に組子に格天井おまけに寿司職人まで! 狭い空間にとっ散らかった豪華な意匠を詰め込んでしまいました

最後尾展望車の取って付けたような はめ殺しの窓はでかすぎるし(窓枠の意味を分かってないみたいです) 日本の美意識から遠くかけ離れた あの統一感のなさは何なんですか とても居心地悪そうです
とくに先頭車両の ラジエータグリルみたいな金メッキの飾りは わけが分かりません もっと洗練されたものを期待していたのに 見事に裏切られました

ラジエータグリルのデザインといえば ロールスロイスはパルテノン神殿 アルファロメオは盾をモチーフとしているそうです 皆それぞれ物語を秘めています コンセプトの表現なのです

どうやら社長が細かいことにまで口出ししていたようです スティーブ・ジョブズも工作機械(初期の頃は自社生産)の色に妙にこだわったりしたそうですが それとは違う気がします
この社長の頭の中にある豪華さがこういうものなんでしょう 人間国宝とかノーベル賞とかワインアワードとか権威主義なのかな

昔観光地にあった秘宝館 今もあちこちにある カットアウトのイラスト顔部分が切り抜いてある記念撮影用ボード(名称あるのですか?) あるいはゆるキャラなんかと同じ土台の貧困な発想ですね
予約がいっぱいなのだから 経営的にはとりあえず成功といってよいのでしょう 案外したたかな計算でやっていることかもしれません