王道・覇道、邪道・正道

「王道」とは王たるものの執り行なうべき道のことであります 対極にあるのが「覇道」です 道すなわち道理であります
「学問に王道なし」と唱えたのは古代ギリシャの賢人といわれます この「王道」は 王様だけが特権として使える 近道・早道・抜け道のことをいいます 筋の立たぬ無理です

道理にかなわぬ無理は「覇道」であり「邪道」です
「邪道」の対義語は「正道」であります また「大道」とも申しまして 人の踏むべき正しい道筋のことであります 王道とは言いません

昭和の中頃まで 通りの真ん中は歩かない侠客がおりました 必ず道の端(家の軒下と電柱の間 犬走り)を拾うのです まだ渡世人の矜恃が残っていました
その昔 博徒等は表を歩くとき 手拭また袖で顔を被っていたと聞きます お天道様に顔向けできない身の上との自覚でありましょう 切られ与三の姿です

渡世人には稼業人と遊び人がありました 稼業人はいわゆる的屋さん(露天商)のことです 遊び人は博徒ですね どちらも市井で暮らす生業(渡世)を持ちます 侠客といわれる人たちは他にもあって 中間や町火消また沖仲仕などです[01] … Continue reading
昭和大戦の後で蔓延した暴力団・愚連隊等は 侠客・渡世人とは全く異なる連中です 江戸でいえば 町奴を束ねた幡随院長兵衛と対立した 旗本奴の水野十郎左衛門のような ならず者・ごろつきです 道に外れた外道と呼びます
この者どもは裏街道や道端どころか 徒党を組んで往来の真ん中を我物顔に押し通ります[02] … Continue reading

江戸では堅気の人も 往来を歩く時は羽織の袖に手先を隠したようです これは落語の所作に残っています 商人は前垂れの下に両手を入れておりました 武家は袖で大刀の柄を覆って歩きます 懐手をしているのは浪人でしょうか
大通りを大手を振って歩くのは はしたないことであったのです

註釈

註釈
01 有名な侠客としては 江戸開城で勝海舟に協力した 鳶(町火消し)の親方 新門辰五郎 会津藩中間頭だった会津小鉄は 不逞浪士の情報提供などで新選組に協力しています 共に市井の人々が内乱に巻き込まれることを防いだ 義侠に生きる人物です
02 飯岡助五郎と笹川繁蔵の大利根河原大出入りで 死んだのは平手造酒のモデルだった浪人一人のみだそうです 博徒同士の揉め事があっても 最終的には顔役というか所の長老格が取り持って 盃を交わし手打ちするのが決まりでした 暴力団の抗争とは違います
フーテンの寅さんが冠婚葬祭で仕切ろうとするシーンがあります あれはお節介ではなくテキヤさんの仕事なのです テキヤさんは縁日の境内で商売します 社寺を疎かにしては成り立たちません 礼節を通すため古来からの仕来りや作法を伝えています 今でも盃事の媒酌人はテキヤさんです