法と正義(法が正義ではない)

日本の裁判は法と証拠に基づいて判決を下します 事実を争うものではなく いかに法を適用できるかの判断です その延長上に条文の解釈があり判例となります 江戸時代では判例専門の例繰方という役職がありました
アメリカの裁判ドラマなどを見ますと たしか「法と正義に基づいて」といってたような気がします 正義とは何かといえば神です だからバイブルに宣誓するのです すべて正しいことは神であり 悪いことは悪魔に帰属します

法がすなわち正義でないのは 洋の東西を問いません 法は決まり事であり 規範に過ぎないのです 憲法も例外ではありません 立憲主義だ法治国家だといっても 人間が作ったものですから絶対ではない いくらでも悪法はあります
日本には法を上回る権威がないため 代わりに証拠が持ち出されます 真実を推定する参考資料みたいなものです 憲法の場合はしょうがないので 例繰方のように条文の解釈で辻褄を合わせます

一神教の国々では政教分離なんて観念はないと思います 唯一絶対神と法や政治が対等・同列で論じられることなどあり得ない 建国当初のイスラエルは社会主義国でした ソ連から脱出した人が多数を占めていたからです ヤハウェの下に集うのが大切であって政治制度などなんでもいいのです
日本国憲法の英語原文を機械翻訳させてみると 天の恵み 祝福 信仰 神聖 恩恵 といった用語がでてきます 人類普遍の原理のもと 憲法を規定するといっていますが その根拠については述べていません 自明の理なので言及する必要もないのです

アメリカ大統領選挙に関して 厚切りジェイソン氏が「自分の田舎の両親は どの候補者の発言が聖書に書いてあることに近いか判断して投票する」と言ってました そんなものでしょうね本質を突いていると思います

アメリカの価値観で作られた日本国憲法は 天皇陛下の役割である祭祀が考慮されておらず いわゆる国事や公務の負担が大きくのしかかっています
日本では憲法が最高権威として崇め奉られ いかにご高齢であっても体調が優れなくても 定められた行為を遂行しなければ憲法違反となるのです

日本国憲法の正義

いかに詭弁を弄してもいわゆる平和憲法が機能しているのは いつに日米安全保障条約に拠ります 日本には交戦権がないため 自衛隊は敵を攻撃することができません アメリカ軍の指揮下で戦う以外ないのです

軍事同盟は本来対等でなければなりません ドナルド・トランプの主張はまさに正論です 相応の軍備を持たないで軍事同盟を結ぶというのは どう考えても片手落ちです
アメリカが日本の独立を守る義理はないし 日本に軍を展開するのは 自国国益とアメリカなりの大義のためです 大義とは正義であり 善であり神の意志です

かつてニクソンによって米・中国交が再開された時 頭越し外交などと言ってました アメリカが外交政策で日本にお伺いを立てるとでも思っているんだろうか だいたいペリー提督が日本に開港を迫ったのも 中国との交易を念頭に置いてのことでした

日本の独立を守る現実的な施策は 日米安保条約の堅持と自衛隊を国軍として交戦権をもたせることです 今のままでは憲法違反の単なる武装勢力です
国防の任にふさわしい名誉がなければ戦えない 国連の傭兵として戦地に自衛隊を派遣するなど言語道断です
2017年8月8日追記=稲田防衛大臣の辞任で幕引きを図った「日報問題」の本質はここにあります 軍隊でない自衛隊を戦場でない地域に派遣した だから日報に事実を書いてはいけない こんなごまかしをいつまで続けるのでしょう)

トランプは多くのアメリカ人と同様 日本国憲法成立の経緯も内容も知らないでしょう 知る必要もないことです 軍事同盟を結ぶ国が戦力を持たず交戦権を放棄しているなんて思いもよらないことです

自衛隊に大義はあるのでしょうか 大義がなければ戦えません 平和憲法が拠って立つ正義・崇高な理念とは果たして何なのか
すべての国は自国憲法に則って外交・戦争を遂行します 他国が日本国憲法を尊重する義務は全くありません