お萩と牡丹餅に違いはない

春に供えるのが「ぼたもち」秋に供えるのが「おはぎ」

牡丹餅は春の彼岸 お萩は秋の彼岸のお供物として始まったものでしょう 米と豆は縄文時代より大切な主要農作物です 浄土宗のサイトを見ると彼岸会は「菩提の種を蒔く日」とされています(春の彼岸ですね)
もともとお供物は初穂を供え お下がりをいただく収穫の儀式(これは秋の彼岸)です 春と秋の彼岸の間に 雨乞いの行事から来たお盆があります すべて農事祭が始まりです 産土の神はそのままご先祖様ですから 先祖供養そして仏教と結びつきました1)おはぎ・ぼたもちに使う小豆の赤が 悪鬼除けになるなんでいうのも 中国習俗の影響を受けた後付けの理屈です 古代米が赤かったから ご先祖に供える供物に小豆等で色付けしたのが始まりです つぶあん・こしあんの違いも さして意味があると思えない
お供物が精進でなければいけない ということはないと思います 初物を供えるところに意義があります 彼岸会も神仏混淆の行事ですから 仏式の教義があるわけではない 生臭物や葷酒は 悟りを得る修行の妨げになるから禁じられたこと 仏様はすでに悟りを開いているのです それに仏様は飲食をしません

ぼたもち・おはぎ大切なのは餡と餅米のバランス

ある人から ヤオコーの牡丹餅(お萩)が美味いと聞いて買ってみました 結論からいうと私の好みではない 味の価値観は人によって違います
なので これも個人の評価・感想にすぎません ヤオコーさんを貶すつもりはありません ヤオコー・プライベートブランドは充実していて高品質です

私の理想とする牡丹餅(お萩)は 半殺しの餅と餡が同量です この割合だと餡の比率がかなり少なく かろうじて餅を覆うくらいです 従って餡は甘めでなくてはなりません 餅にも少量の塩を加えます
粒餡でも漉し餡でもかまいませんが 餡を中に入れて青海苔とか黄粉やゴマを使ったもの(カテゴリーが違うのではないか) また白餡やズンダは受け容れられません

ヤオコーの牡丹餅(お萩)は私の理想に反していました 餡の量が餅米の倍以上もあります(やけに餡が多く甘くないのは 昨今の流行りですが) さらに餡で餅米をくるむことをせず 上からべったりと乗せたようになっています
餡が多すぎるせいか きれいに丸めるのを途中で放棄したような とても餅菓子とはいえない形状です これでは餡が多すぎて餅との調和を味わえない 牡丹餅(お萩)は餡と餅 いずれの風味が勝ってもいけません

かつての菓子は甘い物が上等とされ 江戸の羊羹は限界まで甘さを競ったそうです 今は万事甘くないのが喜ばれます 甘みを強くするのは 保存性を高めるためでもあり 糖分が結晶化した羊羹は何カ月も日持ちしました 砂糖(甘味)を控えると保存性が低くなるので その分トレハロース等が使われます2)トレハロースを使うのが悪いとはいえない 私が好きな餅菓子屋さんも使っています 饅頭・どら焼き・最中・団子 それぞれ餡の作り方砂糖の使い方が異なります
餡の美味さは小豆の質に加え 餡練りの技術で左右されます だから店によって味が違う 北海道産の小豆と砂糖と塩の天然材料で作ればよい なんて単純なものではない

どちらにしても行き過ぎはよくない 甘味も餡の量もバランス感覚がいちばん大事です 歯が軋むような甘さでは味も何もわからない かといって薄甘ければ素材の風味が生きるということもない 半殺しの柔らかい餅と餡の甘さが一体となった美味さは 結構ピンポイントではないかと思います

ヤオコーのオリジナルというか総菜類は大好きです とくにヤオコー・ピノのカツサンドは絶品といってよいでしょう3)私の味覚ではマイセンのカツサンドが旨いとは到底思えない 万世とか井泉のカツサンドは食べたことがありません ヤオコーのカツサンドは 自家製ロースカツと自家製ロイヤルブレッド そして自家製ソースで成り立ちます 味が一体化するより3者が引き立て合うというのが私の感想です yes!YAOKOの餃子も私好みの柔らかい皮でよく買います
ただ牡丹餅(お萩)は方向性が違うな というのが食べてみた感想です ヤオコーの餡は自家製です あんこが自慢なのでしょうが 私は餅菓子を食べたいのです4)近くの伊勢屋の牡丹餅も甘くない餡でしたし(あんこ屋さんから仕入れたのかも) もう一軒の和菓子屋は餅米が半殺しになってない(自家製の餡は甘く餅との割合もいいのですが) とろとろクリームだとかデカネタとか そういうものが好まれる世の趨勢なので仕方ないことです

References   [ + ]

1. おはぎ・ぼたもちに使う小豆の赤が 悪鬼除けになるなんでいうのも 中国習俗の影響を受けた後付けの理屈です 古代米が赤かったから ご先祖に供える供物に小豆等で色付けしたのが始まりです つぶあん・こしあんの違いも さして意味があると思えない
2. トレハロースを使うのが悪いとはいえない 私が好きな餅菓子屋さんも使っています 饅頭・どら焼き・最中・団子 それぞれ餡の作り方砂糖の使い方が異なります
餡の美味さは小豆の質に加え 餡練りの技術で左右されます だから店によって味が違う 北海道産の小豆と砂糖と塩の天然材料で作ればよい なんて単純なものではない
3. 私の味覚ではマイセンのカツサンドが旨いとは到底思えない 万世とか井泉のカツサンドは食べたことがありません ヤオコーのカツサンドは 自家製ロースカツと自家製ロイヤルブレッド そして自家製ソースで成り立ちます 味が一体化するより3者が引き立て合うというのが私の感想です
4. 近くの伊勢屋の牡丹餅も甘くない餡でしたし(あんこ屋さんから仕入れたのかも) もう一軒の和菓子屋は餅米が半殺しになってない(自家製の餡は甘く餅との割合もいいのですが) とろとろクリームだとかデカネタとか そういうものが好まれる世の趨勢なので仕方ないことです

ブランディングはリピーターが支える

大塚家具に見るブランディングの瓦解

大塚家具が身売りするという報道がなされています それに対して父親の

現『匠大塚』会長 大塚勝久氏「今まで大塚家具を育ててくれたお客さんを無視しちゃったということ。いい物買うなら大塚家具。(以前は)大塚家具で買ったことを自慢できた。そういうことを言えなくなるような会社に移行していったのが一番の問題だったと思います」(日テレNEWS24から)

大塚久美子社長は ブランディングを理解していないと思われます いたずらに新規客を増やそうとして 既存客をなおざりにしたのです 客を数字でしか見ない
たしか白を基調としたインテリア(若者向け? 前世紀の発想です)のミニショールームを作ったのが始まりです その辺から今までの顧客を大事にしなくなった

とくに耐久消費財は 売った後買った後の満足感が最も大切です 良い物をおすすめする 大塚家具で買った事を自慢できる
大塚勝久氏の言われるとおり お客様と売り手が価値観を共有する これこそがブランディングの根幹です 数字には表れない

父親の経験に学ぶことなく 長年かけて築いてきた信用・信頼を 妙に新しがったにわか仕込みの理屈で ぶち壊してしまいました1)don’t think.feel! It’s like a finger pointing away to the moon. 血の滲むような修業と数々の実戦をくぐり抜けて 初めて感じ取ることができます 数字や理論で考えるのは月を示す指先に過ぎません
ブランディング崩壊は売上の減少となりますが 財務諸表の指数をいくら見ても原因はわからない 社員と顧客の気持ちは数字に表れないのです 感性というか経営感覚で理解するものです

名前は忘れましたが アメリカで仕事をしていたという触れ込みの マーケティングコンサルタントだったかに吹き込まれたようです

婚礼家具の需要を当てにすることは難しい状況です かといってイケアやニトリに対抗するのは 方向違い見当外れでしかない 同業他社を見るんじゃなく 自社のお客様と向き合うべきでした
リピーターを大切にするのはもちろん その前に社内の意思疎通です 社員が動揺している風通しの悪い会社が 社会に認知されるわけないのです

売り手悪し 買い手悪し 世間悪し 悪いことは全て他のせいにし 自らの誤った思い入れを改めることはないでしょう 社員と顧客を尊重しない これは培ったブランディングの崩壊です ブランドは社員と顧客が作るものです

References   [ + ]

1. don’t think.feel! It’s like a finger pointing away to the moon. 血の滲むような修業と数々の実戦をくぐり抜けて 初めて感じ取ることができます 数字や理論で考えるのは月を示す指先に過ぎません
ブランディング崩壊は売上の減少となりますが 財務諸表の指数をいくら見ても原因はわからない 社員と顧客の気持ちは数字に表れないのです 感性というか経営感覚で理解するものです

キーボード

物理キーボードを打てない若い人がいると聞きます スマートフォンの仮想キーボードしか触ったことがない しかもフリック入力です(すごい高速らしい)
私もスマートフォンは当然仮想キーボードです フィーチャーフォンは持ったことがないので1)NTTを始めとするキャリアの阿漕な商売の仕方に反発して 携帯電話を敬遠していました 最初に使ったのはWILLCOM03 これは物理キーボードが付いていた 親指で入力はできない Godanキーボードにしています 感覚としてはメモ書きといったところ

筆記具の変遷を考えてみると 小学校時代の鉛筆から始まって ボールペンが主だったような気がします メモ書きはシャープペンシルでしたか テープ起こしが必要になったときは ドクターグリップにお世話になりました
悪筆だったせいもあり 万年筆や筆墨には縁がない(興味本位にモンブランやペリカンを買ってみましたが 結局ほとんど使わなかった) だからワードプロセッサーが出たときは真っ先に飛びつきました その頃からローマ字入力でした(2本指ですが)

ワープロにも色々あり 富士通オアシスは日本語入力に特化した 親指シフトという特殊な入力方法でした これを練習して全国大会にまで出た人がいたそうですが 無駄な努力でしたね
本格的にMacDTPを取り入れたときも ワープロの経験があったので 原稿を書く際それほど違和感はなかったように思います

まず一番に取り組んだのは もちろんブラインドタッチの練習です 仕事と並行しながら1か月かかりました これができるようになると手書きには戻れません 思考速度と入力速度が一致してじつに快適なのです セルフ口述筆記とでもいいましょうか
考える速度に追いつこうとすると 手書きでは自分でも何を書いたのか後で読み返せない それにメモ書きで書き散らすので バラバラのものを整理するのが大変でした
テキストエディターなら 思いつくままに書いて自由に推敲できます 書き直しも簡単だし じつに使い勝手がよい

しかし スマートフォンの予測変換というのは 不愉快ですね 定型文を前提としているみたいです 私は文節変換ではなく単語で変換しています それでも無関係な言葉を付け加えたり 勝手に入力したのではない文字にしたりする
こんなお節介な機能を みな本当に便利に使っているのでしょうか かえって煩わしいとしか思えませんが でも音声入力の精度はかなりいいですね 口述筆記にAIは使えるかもしれません まぁ下書きにどんな入力方式を使っても 後の推敲で時間を取られることに変わりないですけど2)ギリシャ・ローマ時代に吟遊詩人がいました 日本でも琵琶法師という人がいた 彼らは語り部であり口承文学です お経やコーランは最初文字で書かれ それをリズミカルに音読するものでした
口述筆記なんてやったことがないので よく分かりませんが 語ると書くは根本的に作法が違う気はします テープ起こしの原稿は そうとう整理しないと使い物になりません
 

以前のOCR読み取りは校正が大変でした 人間ではありえない間違いを犯すので油断できません ベテランの校正マンになると 誤字脱字が自然に目に入るといいます 間違えやすい文字というものは大体決まっているからです 入力方式が変われば間違う文字も変わります
スマートスピーカーが普及しキーボードが使われなくなり AIが構文まで指図するようになったらどうなるのだろう まったく予想がつきません 差別用語とされる語句が変換できなかったり 別の言葉に置き換えるなんてことが起きないことを望みます
価値観は多様であるべきだし 正解はひとつではありません

References   [ + ]

1. NTTを始めとするキャリアの阿漕な商売の仕方に反発して 携帯電話を敬遠していました 最初に使ったのはWILLCOM03 これは物理キーボードが付いていた
2. ギリシャ・ローマ時代に吟遊詩人がいました 日本でも琵琶法師という人がいた 彼らは語り部であり口承文学です お経やコーランは最初文字で書かれ それをリズミカルに音読するものでした
口述筆記なんてやったことがないので よく分かりませんが 語ると書くは根本的に作法が違う気はします テープ起こしの原稿は そうとう整理しないと使い物になりません