士農工商

士農工商という言葉を 江戸時代の身分制度と唱える者がいます 士農工商は朱子学にみられる言葉で 中国の価値観で人間の(仕事の)貴賤を表しています
江戸時代に限らず 日本に身分制度・階級制度はありません 官位はありましたが文字通り役人の地位に対する区分けで身分制ではない また明治維新後の華族・士族・平民とか爵位も ヨーロッパに合わせたに過ぎない

朱熹のいう士は 武士のことではなく士大夫です 士大夫とは科挙で合格した官人をいいます 日本は科挙制を取り入れていませんから 士大夫も存在しません
支配階級である武士が 農民から搾取していたなど 全くのこじつけなのです そもそも侍って武装した農民ですから 戦国時代は要するに田圃の取り合いでした 武士の俸給が米であったのは このことを物語っています

豊臣秀吉が天下を統一し 敵対した側から武器と土地を取り上げました 太閤検地と刀狩りです その結果 帰農し農業専従になった者と もっぱら軍務に就く者が分かれました
しかしそれは階級とか身分ではないので 本百姓は苗字帯刀など相応の処遇を受けています 下克上は荘園の自立でしたが 中国・ロシアのような農奴制(支配・被支配の関係)ではなかった

班田収授法の頃より 米生産の担い手は小作農中心でありました 米が租税や俸給代わりに使われた理由は保存性もあります 戦国・江戸時代以前の租税には種々ありましたが 主なものは保存と流通が可能な産品でした 中で主要なのは繊維製品です軽くて単価が高い 米以外の食料品では塩蔵や乾物などですね

士道に背くまじき事(新選組局中法度)

徳川の世になっても 多摩や武州の土豪(百姓)は武芸に励んでいました 新選組の近藤勇はその子孫ですね 彼らは武蔵七党などといって 徳川が江戸に移ったときから配下となっています
中で西党は西国からの軍勢を撃退する いわば国境警備隊の役割を担っていました 新選組解散後に甲陽鎮撫隊を編成したのも 伝えられていた家康の遺訓に沿ったことでしょう

徳川時代に鎖国をしていたといっても 主に植民地化の先兵であるキリシタンバテレン対策ですから 文物の交流はなかなか盛んでした 窓口となっていたのが長崎出島です その影響もあって西国大名は 早くから商業を振興し米中心から脱却していました

近世の経済というか物価の基準として 米を取り上げるのは適切でないでしょう 武士の俸給が米であっただけで 行政の予算に相当するが経済の中心とはいえない
米は豊作・凶作で価格が変動しますし 米相場を操作することも行われました かなり投機的な商品だったと思います それが旗本・御家人の困窮にもつながりました

明治維新で徳川から政権が移ったのは 最後まで旧態依然の制度を墨守していたからです 御家人に勝海舟など優れた人物はいましたが 老中は兵糧米の心配をしたり 新選組・彰義隊は 火縄銃や白刃で薩長に立ち向かうという具合です 旗本でない新選組の拠り所は士道でありました

江戸時代は 朱子学に基づいた「忠義」が武士の心得とされていました 士大夫が武士にすり替わり 士道ということが言われたのかもしれません もっとも実際に官僚化していましたから 士大夫=武士といっても差し支えなかった
武士の中にも郷士や下士 また旗本・御家人などの違いがありました これを階級と言えなくもないのですが 御家人や郷士の方が収入が多く裕福だった例はいくらでもあります

士道・武士道

なお武士道という言葉は キリスト教徒であった新渡戸稲造がアメリカで書いた「BUSHIDO The Soul of Japan」が逆輸入されたものです 西洋のキリスト教に基づく道徳教育に対するものとして 「武士道」が日本の徳育に取り入れられていると主張する いわば文明開化の産物です
この本は葉隠の解説でもないし 新選組・彰義隊・白虎隊が殉じた士道とも大きく異なります 西洋列強に伍する文明があるといって いちいち西洋の事例になぞらえて言い訳している(フリードリヒ2世と上杉鷹山を並び称したり) 日本の伝統とはかけ離れた内容です

明治維新後も日本が植民地にならなかったのに 士道の精神が大きかったのは事実だと思います キリスト教とは違う価値観と高潔・高邁を表す言葉といっていいでしょう

嵩上げ経済

同じスーパーで別々の日に 総菜のトンカツを買いました 1回は安売りの目玉商品 次は通常の価格です
一見して どちらも同じようなトンカツでした ところが切ってみると違うのです なにが違うかというと肉の厚さです バーゲン品はプロパーの肉に比べて 3分の2ほどしかありません その分衣が厚くなってました

安いのには それなりの理由がある 決して大サービスではなかったのです
飲食店でアルバイトしたことがある知人によると エビフライは2カ所に切り目をいれて引き伸ばし パン粉とバッター液を2度付けして嵩を増すといってました

惣菜や飲食店だけじゃありません このごろ気になるのは カレーのルーとスライスチーズです 外箱・外袋の大きさは昔と変わらないのに 量目が2割以上減っています カレールーは中のブロック一つひとつを小さくし スライスチーズの中身も 二回り小さく薄くなっています
魚肉ソーセージもそうです 外袋のサイズはそのままに 本体は2センチほど短くなりました 紙筒入り成形ポテトチップスに至っては外箱サイズの半分しか入ってません 中が見えない包装ものは全てといっていいでしょう

かなり昔に過剰包装や上げ底・額縁包装が問題になったことがあります 主にみやげ品の駄物だったと思います これがあらゆる商品で普通のことになりました
始まりは米菓の個包装じゃないでしょうか 煎餅など輸送中に割れやすいものは 外袋に空気(窒素?)を充填して膨らませます すると中身がスカスカになってしまいます それをごまかすために個別包装するようになりました おかげでオカキなんか いまや半分以下の量目です

スーパーといえば 298円といった値付けがよくあります キュッパー価格とかいいます 消費税が上がる前は消費税込み298円でした
消費税を8%に値上げしたとき 役人が外税表示にしろと言い始め 同じ商品が本体価格298円となりました 実質的な値上げです

デフレだとか何とか言って騒いでましたが 見かけの価格は下がっても 中身もそれに応じて品質が落ち容量を減らしています インフレ目標は物価上昇だそうです 値上がりすれば景気がよくなったことになるのです 分厚い衣とスカスカの中身のまま 物価が上がるのでしょう そういえばユニクロやニトリは 粗雑な品質はそのままにジワリと値を上げています

細かすぎる  みみっちいとお思いか しかし日銀などのいう大きな数字には必ずごまかしが入り込みます 精霊なる神が遍在するとは全ての事象はフラクタルだということではないですか 細部にこそ真実(実体経済)が表れるのです
物価が上がれば企業が儲かる 企業が儲かれば給料が上がる 給料が上がれば消費が増え 経済が成長する 正気で言ってるのか?
スーパーから買い叩かれている業者の方が「品質を下げざるを得ない 結局は客の日常の質が落ちる」といってました 真実の声でしょう

コンパクトな経済 質のよい経済 適正な品質と適正な利益で経済が回れば 国民の生活は安定します むやみな経済成長じゃない
経済混乱の元凶は赤字国債と株屋の類によるマネーゲームです そして好不景気に関わりなく 野放図に拡大を続ける国と地方行政の予算

日本の人口はアメリカの半分 それなのに国会議員はアメリカの2倍の人数 報酬額も2倍です アメリカ並にすれば それだけで議員の歳費を4分の1にできます 地方議員もしかり
天下りの特殊法人・外郭団体を一掃し 現役の役人も数を3分の1にすれば 国の予算は大幅に削減できます ほとんどが事務方の人件費と借金の返済ですから

国内総生産額だの経済波及効果だのは すべて衣の嵩増し・過剰包装にすぎません 実質の中身はなにも反映していない
予算を無駄遣いしているのは役人と議員 無駄に多いのも役人と議員 そして闇に飲み込まれていく税金 行政と議会のなれ合いが無駄を生んでいる気がします

少しおかしい

交通教育で 手を上げて横断歩道を渡る 信号をよく見て渡る と教えます 間違ってはいないのですが
小学校低学年を指導する教師たちを見ていると 「信号が青になったら手をまっすぐ上に上げて」とか「まっすぐ前を見て 前の人に遅れないように(集団登校なので)」といってます 児童が見ているのは信号だけ 隊列を作り脇見をせずに歩いています

左右をよく見て自動車が近づいていないか確認する という最も大切な部分がすっぽり抜けています 交通ルールを守らない車が事故を起こすのです 自分がルールを守っていれば事故に遭わないことにはならない
的確な状況判断が身を護ります 青信号や横断歩道が護ってくれてるわけではない 集団登校で多数の被害者が出る事故はあとを絶ちません(方向指示器を出さずに いきなり左折するドライバーが最近多いのも 気になります)

平和憲法のおかげで 日本は70年間戦争に巻き込まれなかった というのは嘘です アメリカが日本を守ってくれる というのも嘘です
お互い様の助け合い精神は大事 でも他人任せは身勝手なだけ 自らの身は自ら守る 誰かが手を差し伸べてくれなかったから 不幸になったは少しおかしい
日本の国内ルール(アメリカが作ったのですが)が世界に通用するわけない 周辺国がそんなものを守る義理はないのです