打ち水

京都に所用があり 折角のことですから 菩提寺の本山に詣でたことがあります 宿からバスで左京区にあるその寺に向かいました
6月ではありましたが 京の町は大変暑い バスを待つ間 日差しを避けて小路に入りました するとその小路には 涼しい風が吹き通るのです
一歩入っただけでまるで別世界のようです 奥に料理屋さんの玄関が見えたので 私道だったのかもしれません

寺に着き 本尊を拝したり念珠を求めたりしていました 有名な寺でないので観光客は一人もいません やがて鉦太鼓の音が響きわたり始めました どうやらお勤めの時刻だったようです
読経も聞こえてきたので 本堂の外廊に座ることにしました 正座していると暫くして 中に請じ入れていただきました 外は強い日差しでしたが 仄暗い室内には爽やかな風が抜けます

京の古い屋並み 昔からある神社仏閣は 暑い夏を過ごす工夫が凝らされていると聞きます 風の通り道を計算して建築されているのです 体感してみて初めて 先人の偉大さに気づきました
所用先の近くにある本能寺にも足を運んでみました 観光化され人がごった返し 狭い境内にはコンクリート造りの建物が建ち並び 風どころか人いきれで蒸せ返るようです

ひところ TVで打ち水が盛んに取り上げられたことがあります 子供たちや浴衣の女性が 柄杓で熱く焼けたアスファルトに水を撒く図が放映されました
打ち水も昔からの涼を求める工夫です 物理的な事情はよく分かりませんが 撒いた水が蒸発する際に気化熱を奪い 周囲との気温差で風が巻き起こるようです 小さなダウンバーストでしょうか

木陰が涼しいのも同じ理屈です 木の葉が日差しを遮ると共に 温度差から並木には風が吹き抜けます
打ち水をするのは 砂利を敷き詰めた庭が最適です 保水力と浸透性があり 緩やかに水が蒸散することで風が生ずるのです 周囲に木々があればなお良い
日の高い時に焼けただれたアスファルトに水を撒いては 湿気で蒸しむしするだけです 多少の気化熱の効果はあるでしょうが ビル風を巻き起こすまでは至らない(そういえば 散水車を見かけなくなりました)

それに水の撒き方が違います 扇状に満遍なく撒かねばなりません 撒いた水が流れたり水溜りができるようではいけません
さる人が「露地に水打つ事 大凡に心得べからず……」と書いています1)南方録(来歴が怪しく偽書とされています) 利休を権威付け 茶と禅を結びつけ 日本文化の代表の如く演出するには 秘密めいた由来が与っています この打ち水は 客を迎える茶室への苔むした道が しっとりと濡れているように という心得ですから 見た目の涼です
しかしながら 水を撒く事ひとつでも心得が必要という点では教えられます 私は利休や茶道は好きでないのですが

References   [ + ]

1. 南方録(来歴が怪しく偽書とされています) 利休を権威付け 茶と禅を結びつけ 日本文化の代表の如く演出するには 秘密めいた由来が与っています

かなり可怪しい

実印と印鑑証明 そして連帯保証人って何なんでしょう じつに奇妙です 

連帯保証人というのは 債務者と同じ義務があるのだそうです つまり債務者を飛び越えて いきなり連帯保証人に弁済を要求することができます 債務者の返済が滞ったり不履行をしていなくてもです
このことを利用した高利貸しがありました アイチとか商工ファンドとかです 借りた本人ではなく連帯保証人から取り立てる手口です 債務者本人は多重債務で最初から返す意志も能力もないことが分かっているのです

この連帯保証人には 通常実印と印鑑証明を求めます 白紙委任状に実印を押させる悪質なのもいます
そんなことをしなくても 今の時代なら3Dプリンターで簡単に実印を偽造できます 印鑑証明書を相手に渡したら どのようにでも使うことができるのです

印鑑で本人を証明するなんて 今までもできなかったし これからはますます怪しくなってくるわけです サインの方がよほど確実です
実印制度というのもたぶん お上の権威を振りかざしたものだったのでしょう 今や形骸化し弊害だけが目立つこととなりました

本人証明といえば マイナンバーカードが万能の証明書になると総務省(自治省→内務省)がいってます しかし実際には通用しない断られるところがたくさんあります 運転免許証や健康保険証でなんの問題もなかったのに
印鑑証明は市民カードで発行されていました これを強制的にマイナンバーカードに移させ(?)コンビニで発行させているようです 実印を手軽に使わせるためですかね

このごろ賃貸物件で 連帯保証人の実印と印鑑証明を求めるところが多くなっています 千三つ屋といわれるほど胡散臭い業界です 下手に印鑑証明を渡したら何をされるか
このような風潮は 中国人が日本人を保証人に仕立てて物件を借りることが多くなったためと思われます 狐と狸の化かし合いに善良な日本人が迷惑を被っているのです

8月18日追記=Bitcoinが分裂するという怪しい動きがありました マイニングで稼いでいた中国人が仕掛けたことです 日本国内でもブロックチェーン技術を決済に使うなどと言い始めています もし中国主導で仮想通貨が支配されたら どういうことになるか 技術的なことは分からないのですが 何かきな臭い匂いがします)

神(紙)エクセル

神(紙)エクセルというものがあるそうです 紙にプリントしたときの見栄えのため 神業のごとくエクセルを使った 主に役所関係の書類のことらしい
セルに文章を書くことになるので データの流用ができず 問題になっているらしいのです とくに全角数字がいけないという
以前にも書きましたが 全角・半角とか等幅フォントが混在するのは 日本語版ウインドウズ独特の仕様です Macでは考えられない

役所の書類は「様式1」だ「様式2」だと 細かく規定があります 厳密にこの様式どおりの書類をワードでは作れません
前例主義の役所では 以前の様式と1ミリでも違うと 上司からクレームがつくのでしょう そこでエクセルを駆使して 寸分違わぬ書類の雛形を作ったのではないかと想像します

じつに労作ではありますが いかにも日本的いかにもお役所仕事
お役所の仕事は体裁を整えること つじつま合わせがもっとも大切です そのためによけいな仕事を作り出す 生産性とか効率は 仕事の邪魔でしかない

エクセルやワードを使ったことがないので どうもこういった感覚が分かりません でもイラストレーターで自由にレイアウトした文書より ワードのありきたりな定形文書の方が読みやすいと言われることはあります
見慣れているからなんでしょうか 斬新なもの規格外のものは なかなか受け入れられないものです そのくせ全角・半角混在は全く気にならないのですね

書式の根拠は曖昧

考えるに文書の様式は 活版時代の技術的制約からきたのだと思います 印刷屋さん独特の書式があり それがいつの間にかスタンダードになったのでないでしょうか
活版が写植になり コンピューターによる印刷へと変化してきました しかし書式やレイアウト(組版)は活字時代のまま電子出版にまで引き継がれています
確かにかつての職人さんが築いてきた様式は 用の美といいますか日本語文書の完成形です これに準拠していれば間違いはない しかし細部まで旧態に拘る必要もないですね

奇妙に思うのは こういった印刷屋さんのテンプレートで あらかじめ宛先が〇〇行となっているところを二重線で消して その脇に様とか御中と書き直して返信するという習慣です 御名前や御芳名の御や芳を消したりするって何の意味があるのでしょう そんなのは謙遜でも奥床しさでも嗜みでもない
おそらくマナー評論家みたいなのが言い出したことではないだろうか 二重線や一本線で消して訂正印なんてのも お役所の書式から来ていますから これも一種の権威主義かもしれない 自分の間違いならいいが 相手の書いた文を訂正したり書面を汚すことことそ 無礼でありみっともないと思いますが

これも 誰が言い出したか始めたのか よくわからない習慣として 年賀欠礼ってありますね 印刷屋さんと郵便局の都合でしょうか 私は全く必要ないと思うし うちの菩提寺の先代住職が亡くなったときも 寺から普通に年賀状が来ました いろんな宗派のサイトを見ると だいたい新盆を迎えれば年賀状を出すと書いてます
親戚など葬儀に参列した人なら承知していることだし 年賀状だけの付き合いの人に 身内のことを知らせる必要もないでしょう だいたい本当に喪に服しているとも思えません 服喪とは公の席や晴れやかな場に出るのを慎むことです 最も穢れを厭う宮中賢所の内侍でも 服喪期間は半年だそうです