一七条憲法

紀元前500年ころ 釈迦・ソクラテス・孔子が現れ それぞれに教えを広めました 三人はほぼ同時代の人です
500年の後 イエス・キリストが誕生します 西洋の暦法では この時を紀元0年とします
そして西暦500年ころには マホメットと聖徳太子が生まれています この二人は同時期と言っていい[01] … Continue reading

聖徳太子は宗教家ではありません 一七条の憲法を定めて 日本の国体のあり方を示しました 一七条憲法の根幹は 神道と儒教および仏教に基づきます
吾国の始まりは 上古の神話に描かれています 神道は国の成り立ちの根本です 国成りて臣民のとるべき道は儒教に範を求めました 対外的な体裁を整える意味もあったでしょう 仏教は他の宗教と同様 人が生きること死ぬことへの思惟です[02] … Continue reading

聖徳太子が それまであった古代信仰を系統立てた国記・天皇記(帝紀・旧辞と同様に原本がなく内容は不明です)を表し 日本のあり方が意味づけられました 随・唐の伸展から文化政治の圧力が強まり 日本も国家意識を持たざるを得なくなったのです[03] … Continue reading
国記・天皇記は失われ 後代に日本書紀が編纂されました 聖徳太子および一七条憲法は日本書紀に記されています 古事記と異なり日本書紀は漢文で書かれています 外交を想定し吾国の主権と独立を明らかにする書物ゆえです

近代憲法も為政者に対する規制を定めたものです つまり権力の規定と制限です 最高の法規とされます 他の法規の上に立つのは どのような権威によるのでしょうか
キリスト教国の憲法は 神の導きが規範となります 法律は人間の作った決まり事 さらに上位の真理に則さねばならないのです イスラム教国でも 世俗権力の上に 宗教指導者が君臨します

儒教は中国で起こり日本へ伝わりました 仏教はインドから中国を経て日本にやってきました いずれも彼の地では 民間信仰として僅かに痕跡を留めるのみです ひとり日本で独自に栄え花開きました
しかも吾が国民は 古来の神道を棄てることなく 仏教にしろ儒教にしろ 外来の教えを 自家薬籠中のものにしています その精華が一七条の憲法です この事をどう考えたらいいのか

儒教の根本義は天性 人として生まれた時からある本性に基づき 社会生活での人との関わり 人間として生きるべき道を説きます 仏教は生きることを輪廻転生と見ます 生と死は繰り返され そのこと自体が煩悩です 生きることの四苦 人間関係の四苦 合わせて八苦から免れる道が悟りです

吾国の原初信仰がどのようなものだったか 想像するよりありません しかし神道にその姿を保ち続けているはずです 日本民族の心の在りようは 聖徳太子が道破されたように和です[04] … Continue reading おおどかに全てを受け容れます
日本は争いを好まず あらゆる価値が共存します 中心となるのが天照大御神であり 天孫たる天皇陛下です 外来の神 もとよりある地神(くにつかみ) みな順らうて大いなる和となります[05] … Continue reading

このような国体である日本が 一神教のキリスト教と相容れないのは道理です キリスト教は唯一の価値しか認めません ただ一つの正義以外は悪となります 正義を振りかざして 争い戦い侵略する宗教です[06] … Continue reading
世界には成文憲法を持たない国がいくつかあります 憲法によって国の成り立ちを規定する必要がなく すべての法は慣行・慣習に従っているためです この法律以前の倫理道徳は その国の宗教に基づきます

明治の帝国憲法も現行憲法も 西洋からの借り物です 根底はキリスト教の価値観です とくに現行憲法はアメリカ合衆国がもとになります 日本の歴史国体とは合わず様々な矛盾が生じました にもかかわらず外来の憲法を神の如く崇め奉るのは異様な姿です
日本の国体にふさわしい建国の理想は一七条の憲法ではないか 吾国の有り様は1400年経とうと変わりません 変わってはならず 変えてはいけないのです 今の世界と国内の情勢に必要な規定は 別に基本法で柔軟に定めれば済みます

註釈

註釈
01 釈迦・ソクラテス・孔子・キリストを4大聖人とするのは キリスト教徒の言い分です 孔子とソクラテスは宗教というより哲学者 マホメットのイスラム教も世界的な宗教です 一神教はキリスト教のみとしたいのです
モーゼ・ユダヤ教は世界的とはいえませんが キリストは最初ユダヤ教徒であったわけで 旧約聖書(創世記)が編纂されたのは 釈迦・ソクラテス・孔子と同じ紀元前500年頃のことです 聖徳太子は私が付け加えただけです
02 日本に伝わったのは大乗仏教ですから お釈迦様の説いた教義とは変容しています 個人や教団での修行より「愛憐済民」の心で衆生を救う 政治的なものでした
具体的には社会インフラの整備 薬師寺による施療など貧民救済です 仏教が朝廷の庇護のもと広まった結果 後世に世俗化堕落を招く要因ともなりました
03 当時の朝鮮半島は三国時代でした 聖徳太子は高句麗・百済・新羅の各地からアドバイザーを招いています 正確な国際情勢を読み取り 隋・唐と主体的で対等な外交を推し進めるためです 高句麗と随の関係も当然把握していたでしょう
小野妹子を隋に遣わした際の国書に「日出づる処の天子 書を日没する処の天子に致す 恙なきや」とあるのは まさに日本の主権と独立を明記したものです 聖徳太子の情報収集・状勢判断・外交戦略の成果です 外交は情報戦・心理戦であることを知っていました
04 儒教には男尊女卑の思想が見られます 男が優れ女は劣るのは 生まれながらの本性だというのです 朱子学も職業による差別があります これらは中国人の仕来たりであって 吾国にはなかったものです
徳川時代も薩長明治政府も儒教の考え方を取り入れていますが 庶民は受け入れていません 日常生活に影響している家制度(家父長制) 長男が後を継ぐとか女系はダメだとかも全て 男女差別や長幼の序を重んずる儒教の教えの残滓です
05 今も世界では民族間の争いが絶えません 吾国の人は石器時代から長い年月をかけ 北方から南方からまた大陸から渡って交流し混血しました 縄文時代それぞれの地域で海山の恵みを頂き 自然と共に生活していたのです 争いはなかったと思われます
弥生時代に入り水稲米が栽培されるようになると 食料が安定し人口が増えたため 水田に適した土地を巡る部族間の争いが起きます これを鎮め和らぐのは 稲作に欠かせない太陽神の子孫である日御子です 大いなる和をもって統べる皇統の始まりといえましょう
06 イスラム教も一神教ですから ただ一つの真理コーランに従わない者には剣を向けます 仏教が戦わないということはなく ミャンマーのロヒンギャ問題は仏教とイスラム教の戦いです 日本でもかつて僧兵の強訴や一向一揆がありました 戦国時代では切支丹伴天連による侵略に対抗した勢力でした

たれ スープ ECO

納豆のタレ

スーパーで売ってる スチロール・パック入りの納豆に タレと称する小袋が付くようになったのは いつ頃からでしょう

コロナ禍でテイクアウトが多くなり 今まで出前もやらなかった寿司屋さんが 持ち帰りを販売するようになりました そんな中ある寿司屋さんで買ったパックの中に 醤油が入ってなかったと文句を言ってる投稿がありました 醤油の小袋を入れるのは常識だろうという書き方です してみると醤油を常備している家庭が少ないのかもしれない[01] … Continue reading

納豆のパックには 辛子の小袋を付けたのが始まりです その後タレの小袋も付くようになりました 以前は納豆に生醤油をかけて混ぜるだけでした 薬味といえば刻みネギです 辛子を使った記憶はありません(太子食品工業によれば 辛子はアンモニア臭をごまかすためらしい 私が子供の頃は朝納豆売りから買うもので アンモニア臭なんてありえない)
納豆のタレなるものは醤油ベースのようです 妙に甘ったるくて人工的な出汁味が馴染めず使いません 取っといても使いみちはないので結局捨てることになります[02] … Continue reading

ラーメンスープ

カップヌードルの残ったツユを固める粉ができた⁉ 固めて容器と一緒に捨てるのだそうです たしかカップヌードルは ヌードルスープとして開発され スープがメインで麺は具の扱いだったはずですが
なんとか系ラーメンの真似か 今のカップ麺はなべてドギツイ味が主流です 辛うじて麺は食べられるが とてもスープを飲み干すなんてできない 捨てるのはやむを得ないのか 時代が変わったということでしょうか

ずいぶん昔のこと 歌手のみなみらんぼうさんが 山登りしてコッヘルで作るインスタントラーメンが美味いとラジオ番組で言ってたことがあります その後なんかの投書でらんぼうさんを非難する人がいました
エコロジストを気取っているが 山にラーメンのスープを捨てるのは自然破壊だ といった内容です この人はラーメンスープは捨てるのが当たり前なのです 自分だけでなく全ての人がそうすると思い込んでいる[03] … Continue reading

エコロジー?

あまり見かけなくなりましたが ひところ天ぷらなどに使った後の油を 捨てるための商品がいくつかありました 固めて捨てるだの浸み込ませて捨てるというものです それとともに油濾しを使わなくなったようです 各家庭で出る大量の油を川に流したら海が汚れる 最もです そんなことをしてはいけません
一度使っただけの油を捨てるなんて バカげたことをするようになったのは 気取った天ぷら屋が 油を一度しか使わないと吹聴するのを TVで盛んにもてはやした影響からです 家庭では 精進揚げに使い 魚介天ぷらに使い フライに使い 最後は炒め物で使い切るのが普通のことでした 土井勝先生の頃ですね

スーパーでレジ袋を渡さくなって 海はきれいになったのでしょうか 地域によりますが家庭ではレジ袋をゴミ袋として使っていました 海のプラスチックごみに占めるレジ袋は どの位の割合なのか 日本近海の場合中国漁船が捨てる網やブイが多い気がします 検証することもできないでしょうね
以前はスーパーの袋といえば紙袋でした この袋もゴミ袋として使っていたのですが 生ゴミを入れると濡れて破れてしまいます プラスチック製レジ袋になったのは製造原価と丈夫さからです ゴミ袋としても便利に使えました
いまやゴミ袋(レジ袋)は買わなければなりません スーパーでレジ袋を使わなくなっても 同様のものを買ってゴミ袋にしています スーパーで買うと5円ほどです まとめて売ってるのはそれ以上の価格です 余計な出費と不便になっただけ

いったい何の意味があるのでしょう エコでもなんでもない それよりも大量の食品廃棄をなんとかする方が先決です 食べ残しや飲み残しを平気でゴミとして捨てる 全然品質に問題がない食品を 賞味期限切で返品したり捨てるのはエコなんですか[04] … Continue reading 

註釈

註釈
01 どんな寿司でも醤油を付けるというのも ちょっと違和感があります アナゴやコハダ以外の握り寿司ならそれでいいのですが 海苔巻きとか稲荷寿司にまで醤油の小袋が付いています それとワサビの小袋もですね 握り寿司にワサビを使わなくなったのか 海苔巻きや稲荷寿司をワサビ醤油で食べるのだろうか
02 越後小千谷は山崎醸造の3年味噌漬けを細かく切って 納豆に混ぜ込むのが好きでした おそろしく塩っぱいので醤油は入れません 夏場に醤油でなく塩を混ぜ入れる納豆もいいもんです 越後小出の大力納豆が作っていた 麹入りの塩納豆は大好きでした 代替わりしてからは味が変わってしまいましたが
03 ラーメンのスープを残すのは 塩分が体に悪いといった健康情報が広まって以来です 油分も健康的でないとかいって肉の脂身を残したり 極端なヘルシー料理評論家みたいなのが 天ぷらは衣を剥がして食べると言ってたことがあります
04 昔は街角にコンクリート製のゴミ箱が置いてあり そこに家庭ゴミを捨てました 東京オリンピックが開催されるとき 見た目が悪いということで撤去されたのです 代わりに積水の青いポリペール缶を各家庭が買わされました
それもなくなり 家庭ゴミは袋のまま捨てるようになりました とくに食品が小分けにされ 使い捨てのプラスチックパックに入れて販売するようになり ゴミの量は増えています 感覚的には生ゴミだけだったら十分の一の量だと思います

地名は歴史をあらわす

地名は地形の特徴から付けられたものが多いようです また地名はその土地の歴史と密接な関係があります 2005〜6年に全国で行政区域の統廃合が行われ 多くの歴史ある地名が失われました 平成の大合併と言われるこのような暴挙は 過去にもあったのです それは明治の廃藩置県です
一戸・二戸・九戸は岩手県にあり 二戸・三戸・五戸・六戸・七戸・八戸は青森県にある地名です 県境を跨いでいるとはいえバラバラにあるわけでなく この地域はもともと糠部郡といい南部藩でした そうです薩長明治政府が奥羽列藩同盟を分断した結果です
国境は高い山であったり大きな川といった 自然の地形に沿って設けられるものです そのため気候も違い[01] … Continue reading 暮らしぶりや産業さらに人心にも風土の影響が表れます しかし東北の県境は 一つの町中の道路にあったりと不自然なものです

薩長は明治維新の前後に巧みなプロパガンダを展開しました 錦の御旗なるものをでっち上げ 宮さん宮さんという俗謡を喧伝したのが始まりでしょうか 四民平等や廃藩置県も徳川の治世を否定するためのキャンペーンです
明治維新後に版籍奉還したものの 旧藩同士の間には角逐があって なかなか県境が定まりません 明治政府が一方的に線引きをしたというより 津軽藩と南部藩の妥協の産物なのかもしれません
藩が県になっただけでなく多くの村が統廃合されて そのたびに名前が変わりました それでも全国に7万もの村があったそうです さらに市町村制の施行で地名は1万強にまで減少しました 明治の大合併といわれます

昭和大戦後にGHQの指示で昭和の大合併がありました この時2万人の人口で市になれる時期があり 埼玉県に和光市・朝霞市・新座市・志木市といった小さな市ができました 平成の大合併と合わせて 4回も地名が弄ばれ失われたのです
もっとも遡れば 奈良時代の好字二字化令により 全国の地名表記が変わっています(地名に当て字が多く 読みが分かり難いのはこれが原因) 明治政府は中央集権のため この施策を真似したのか[02] … Continue reading  役人の体質は古来から同じといえますね 今でも無責任な思い上がりは変わりません

註釈

註釈
01 高い山や大きな川は 交通困難な自然の要害でもありますから 敵の侵入を防ぐのに好都合です 越後に雪を降らせた季節風は三国峠を越え 乾燥した寒風となって上州を吹き荒れます 雪解け水は越後に実りをもたらし 空っ風は上州に博徒国定忠治を生み出した? 今でもギャンブルの盛んな土地柄です
02 大化の改新も明治維新も ともに外圧を受けてのことです 随・唐の強大な統一国家が 周辺に勢力を広げるのに対して 日本の国家意識が高まりました 幕末に西洋列強が世界に植民地を拡大する中で 我が国も主権と独立が脅かされかねない情況でした 強国の制度文明を取り入れることで 国難を乗り切ったのです