年の功より亀の甲

若年寄 老中 家老 江戸時代の役職名です 主君を補佐し実務を担当する役割です 老と付いても 老人がなるものではありません 働き盛りの仕事です
この老は年老いたという意味ではなく 研鑽を重ね経験を積んだ 確固たる判断力を持つ大人を表します 経験を重視した言葉ですから実年齢は関係ない

このごろ年寄役(大人)を演じられる俳優がいない気がします とくに重厚な役ができない 年を取った役者はいくらでもいるものの 人間の重みを感じられないのです 年齢相応の存在感がない 経験が身に付いてないのではと思います
老成といいますが ただ徒に年齢を重ねても 人間成長しません 東京物語で父親役をやったとき 笠智衆は二十代でした これは演技力でしょうか 演技力もなければ磊落とも飄逸とも違う 大人の風格を持たない役者なら 仕方ないことです

鶴は千年亀は万年といえ 亀の偉さは長生きだからじゃない 兎と亀 努力を惜しまず我が道を行く堅実な生き方です 他人の生き方を真似しても始まらない 信念を曲げないことです 要領よく生きようとしない愚直な歩み 経験値で鎧おわれていきます
小狡い生き方は論外ですが 目端が利くだけの器用な世渡りはその場限り また慢心は油断を生みます 堅固に己を全うすれば 周りを気にしたり 世間を窺う必要もない

器量の大きさは様々でも 自ら築いた甲羅に応じて役に立つ 年数ではなくその人の生き方が経験値をもたらします
経験値といっても 実際は数値で表すことはできません 無形の甲羅の力です 経験もただ漫然と実務に携わって 職歴が長いだけで培われるわけじゃない[01] … Continue reading

実力が分からないから 学歴等で判断します(この風潮は現在でもあります 妙に年齢を気にするのも同じなのかもしれない) 老中などの役職は譜代から選ばれます 譜代は過去に功績のあった家ですから 一種の経歴ですね
一方で有能であれば家格の低い者が 重要な職に取り立てらるれ例もたくさんあります 平常時ではなく何か問題のあるときです また功績があっても一代限りがほとんどです 旧来の地位にいる者からの嫌がらせ・妨害も多かったようです

幕末に井伊直弼が大老になりました 井伊家は関ヶ原の戦い以来の名門です でも大した働きはできなかった これも名門である徳川斉昭との軋轢に終始していました
幕末で最も目覚ましい働きを見せたのは 勝海舟だと思います 小栗上野介のような能吏ではない 佐久間象山ほど怪異な人間とも違う 江戸の洒落っ気を装った ちょっと捉えどころのない人物です

役者だけでない 政治家も疑問符がつくような軽い人間ばかり 内憂外患いまの日本は非常時です 麻生太郎や森喜朗のような者共が跋扈しては 国に仇なします この国難を救う人物が現れないと 日本は滅びます

註釈

註釈
01 先日のこと 高価な古酒を飲んでみました 濃醇ではなく仄かな熟成香が感じられます 年月でしか作れない枯淡の味わい しかし筋の通った峻厳な力強さは失っていません
保存状態の悪い古い吟醸酒を飲んだこともあります 老香と熟成香は紙一重です 老醜を晒すは嫌ですね せめて古酒ほどの存在感のある老人になれれば と思った次第です

偽造・捏造 数字は嘘をつく

偽造と捏造(でつぞう)は少し意味が違います 偽物・贋作というように本物に似せて作るのが偽造 捏造とは事実無根のことを それらしく捏ち上げ(捏ね上げ)る意味です
南京30万人大虐殺は捏造です ポイントは30万という数字 数字を掲げることで嘘を本当のように装います 白髪三千丈の中国人にとって数字は修飾詞です
天安門事件の犠牲者数は公式発表で数百人です さすがにこの数字をまともに信ずる人はいなく 事件そのものを抹消しようとしています 事実を隠蔽する 捏造と反対の行為ですね
魏志倭人伝を偽書とは言いませんが 辺境の地である日本のことは三国志の附に過ぎず とくに数字は全く当てになりません 里程表を作って邪馬台国の場所を探すなんて 無駄な試みです[01] … Continue reading
南京大虐殺や慰安婦など敵性国家のプロパガンダに対して 文献等を持ち出して反論するのは無意味な行為です とくに数字を論うのは相手の術中に嵌ることになります 大きな数字は印象操作のために過ぎないのです また少女人形なども数字と同じく 誤ったイメージを与えるための手法です
「表現の不自由展」を再度開催すると またもや第五列が蠕いています このような活動が公然と行われ 取り締まることができないのが日本の現状です 日本を誹謗中傷するプロパガンダを 自国内や海外で展開するだけでなく 当の日本で堂々と行うことができます それを批判する日本人の言動を弾圧する法律まで作ってしまいました 香港で行われていることと全く同じです

7月15日追記=東京オリンピックにかこつけて 韓国大統領が来日するという噂があります 「表現の不自由展」はそのタイミングを狙ったのでしょう オリンピックが商業主義になったと言われて久しいが 国際政治・外交戦にも利用されています)
7月25日追記=結局韓国大統領は訪日しないことになりました 外交戦・政治宣伝にも使えないという判断でしょう 日本が今やるべきことはオリンピックでない 実際じつに愚劣な開会式でした 空疎な演出が脈絡なくダラダラと続き 選手入場はゲームの音楽に乗ってという安易さ なんの意義もない利権がらみを象徴していました)

註釈

註釈
01 固有名詞にしても 伝聞に漢字を当てはめただけですから どう呼んでいたかは分かりません 卑弥呼は日巫女だったのか (卑)イコール(日)とも言えない 天照大御神の別名は〈ひるめ〉〈ひめ〉です むしろ〈ひみ(め)・こ〉か 3世紀末の中国語は知りません 後代では(日)を〈ジツ〉(本)を〈ポン〉と読んだため 日本はジパング・ジャパンと呼ばれるようになりました

シビリアン・コントロール

クラウゼヴィッツが書いたように 政策があって外交があり 外交戦の一環として 様々な段階の軍事行動があります 軍は最高司令官の命令により動くもので 独自の判断で戦争を起こすことはない これがシビリアン・コントロール(文民統制)です

大東亜戦争はその名称どおり 中国と東南アジアが主戦場でした[01] … Continue reading 太平洋が加われば 2正面作戦となります しかも相手はアメリカです 孫子の兵法を持ち出すまでもなく 彼我の戦力を比べれば無謀なことは明らかです 海軍も陸軍もアメリカの生産力・軍事力を知っていますから 日米開戦には消極的でした
そのうえ中国大陸も太平洋も広大な戦場です 補給戦が持ちこたえられないのは分かりきっています 戦の勝敗が補給で決まることは戦国時代以前から常識です 現実を無視した精神論的な戦略などあり得ません[02] … Continue reading

では誰が太平洋戦争を始めたのか といえば誰も命令を下していません 統帥権は天皇陛下にあるとされていましたが 決定権は持ちません 帷幄上奏ということで 合議制で決まったことを承認するか否定するだけです[03] … Continue reading
権力の行使には責任が伴います 統帥権を棚上げしたことにより文民が責任から逃れました 文民が軍を統制するとは 戦争の責任も文民にあるということです 政略なきままに軍が立てた戦略は 目的を失い目標さえ見失います

昭和大戦(大東亜戦争+太平洋戦争)は誰も決定しないままに始まったのです だから誰も敗戦の責任を取ろうとしません シビリアンが責任を放棄したからコントロールできなかった グズグズするうちにポツダム宣言を出され 昭和天皇が終戦の詔書を発することで ようやく収拾しました 戦後処理もすべて 昭和天皇御一人で行ったようなものです
人間天皇宣言は 薩長明治政府により現人神として祭り上げられた事の否定です 維新の元勲と称する役人と政治家は 自分たちの責任逃れのため天皇陛下を政治利用したのです[04] … Continue reading

註釈

註釈
01 戦時中を生きた母からも 主戦場は太平洋ではないと聞いたことがあります 田舎の一少女でさえ認識していたのです 事実は新聞や教科書に書いてあることと ずいぶん違うなと思いましたね
02 太平洋戦争末期には 物資兵器(有形戦闘力)より ベテランパイロット(無形戦闘力)が不足しました 練度不足のパイロットでは雷撃は命中せず 虚しく撃墜されるだけという情況です 同じ死ぬなら爆弾を抱えたまま突っ込めば 敵に一矢を報いることになり犬死ではありません
破れかぶれではありますが 考え方としてはスマート爆弾と同じです 軍人は実務家 精神主義でもなんでもない そうするしかなかった已むを得ない悲しい戦法です 特攻は愚策と非難されることでも 反対に称賛するべきことでもないのです 人海戦術と同一視したり大和魂の発露などと言ってはいけない
03 江戸時代は征夷大将軍が統帥権を与えられていました 武家の頭領ですね 大将軍を任命するのは朝廷です 明治政府は大権と称して 自分たちが統帥の責任を取ることを逃れました その上天皇陛下をまるでお飾りの殿様のように扱ったのです
04 現行憲法では 国の主権たる交戦権を放棄していて 軍隊を持たないという建前ですから 統帥権の規定すらありません 誰も責任を持たない体制は受け継がれています
中国が段階を踏んで法律を整備し国際輿論を主導 着実に心理戦の成果が上がった結果 外交戦を制し上陸することなく 尖閣諸島を実効支配するに至りました それに対して島嶼奪還作戦の兵棋演習だそうです 尖閣が奪われることは已に前提なのです
尖閣諸島を中心とした海域(特定水域)で日中漁船が自由に操業できる 日中漁業協定が1976年に結ばれました(尖閣の接続水域は除かれます) 中国は尖閣諸島の領有を主張していますから 尖閣接続水域で操業する日本漁船を取り締まる根拠となっています
そのため中国船が尖閣接続水域に常駐することを黙許し 海上保安庁の船すら島に近づけません 日ソ漁業協定のような売国奴の所業です 外交努力を放棄し軍に下駄を預ける やはりシビリアンコントロールは機能していないのです