海苔巻きに茶碗酒

太巻きが嫌いです 海苔巻きは 卵焼きや桜でんぶ甘辛く煮た椎茸などが入ったものがいい 海鮮系を使った太巻きは 寿司屋が土産として始めたのではないか 太巻きが嫌なのは食べづらいからです

海苔巻きの本来は食べやすさを求めているはずです 鉄火巻の由来は博打をしながら 片手で寿司を食べようという魂胆からと言われます サンドウィッチ伯爵が カードゲームをやりながら食事するために パンに具を挟んだのと同一の発想ですね1)鉄火場で熱くなるのは客です 胴元はじめ博徒は博打をしません サクラ役はいたかもしれない 客にはそれなりの食事が振る舞われました 食事の時間も惜しんで何もかも巻物にする客はいそうです
零戦だったか隼が出撃するとき パイロットに海苔巻きを2本持たせました 海苔巻きなのは操縦しながら片手で食べられるよう 2本なのは行きに1本食べ 帰りにもう1本食べるため つまり生きて帰れよという 気持ちを込めてのことです

同じ太巻きでも千葉の四海巻きは たいへん手のかかる巻物です これはほとんど寿司飯が占めているから そんなに食べづらくない
だめなのは やたら具の多い太巻きです 寿司飯はほんの申し訳ていど これではまとまりません 最近は裏巻きなるものもあります 海苔巻きの体をなしていない

かんぴょう巻きといなり寿司の取り合わせ 助六寿司をつまみながら 茶碗酒もいいものです 淡麗辛口の大吟醸酒は似合わない 濃醇な酒(菩提酛や生酛とか山廃酛)がいいですね
茶碗酒といえばむろん冷やです 燗酒はなかなか難しい 手間をかけないのが茶碗酒です 冬の燗酒は人肌燗からぬる燗 夏の燗酒は上燗と熱燗の間がよい

夏にも燗酒は飲みます 甘酒も麦湯(この頃は麦茶という)も熱いから暑気払いになるのです もう一つ暑気払いには 焼酎を味醂で割った直し(柳蔭)です
これは冷やします 井戸に浸けてですから 15度くらいに留める2)井戸で冷やすくらいがちょうどいい 冷蔵庫でキンキンに冷やしたのでは味がわからないと思います そして井戸に浸けている間に焼酎と味醂が馴染みます 焼酎の前割りと同じことです 前割りは あらかじめ水で割った焼酎を素焼きの瓶に入れて 24時間以上おき燗をする飲み方です
焼酎のお湯割りなど以前はなかったそうです 焼酎の燗は大変手間がかかるので 仕事上がりのタクシー運転手さんが 薬缶のお茶で割ったのが始まりと聞きます 簡易なやり方として 壺などに焼酎と水を入れ 栓をして大きく50回ほど上下を返します 半日おいてから燗をする これでもお湯割りなどとは比較にならぬ 上等の味わいとなります
江戸時代に富士見酒というものがありました わざわざ酒を船に積み込んで富士の見えるところまで往復します すると波に揺られた酒がうまくなるというのです ポルト酒(ポートワイン)やマディラワインも船底に積んでいたら味が良くなったといいます デカンタージュもそれに近いのかもしれません
柳蔭はなかなか風情のある名です 味醂は究極の甘みを求めて作られた 高価な酒です あまりに甘すぎて生では飲めなかった 焼酎も江戸時代は高級酒でしたが 度数が高すぎました この二つの酒を取り合わせると お互いの特徴が生かされるため 本直しと言われました ともに高級な酒を使ったカクテルです
教訓親の目鑑 俗ニ云ばくれん」この娘が飲んでいる酒は何でしょう かなり濃い色です 当時の諸白はこんなものなのか 腕まくりしているので直しかもしれません ワイングラスで本直し!! 寿屋(サントリー)赤玉ポートワインのポスターは これをヒントにしたのだろうか
 試したことはないが 井戸水で冷やした白玉団子の 白砂糖掛けは合うかもしれない

寿司も日本酒も焼酎も味醂も白玉粉も すべて米から作ります 瑞穂の国ですね 同じ米から これだけ多彩なものを創出するのですから

Endnote   [ + ]

1. 鉄火場で熱くなるのは客です 胴元はじめ博徒は博打をしません サクラ役はいたかもしれない 客にはそれなりの食事が振る舞われました 食事の時間も惜しんで何もかも巻物にする客はいそうです
2. 井戸で冷やすくらいがちょうどいい 冷蔵庫でキンキンに冷やしたのでは味がわからないと思います そして井戸に浸けている間に焼酎と味醂が馴染みます 焼酎の前割りと同じことです 前割りは あらかじめ水で割った焼酎を素焼きの瓶に入れて 24時間以上おき燗をする飲み方です
焼酎のお湯割りなど以前はなかったそうです 焼酎の燗は大変手間がかかるので 仕事上がりのタクシー運転手さんが 薬缶のお茶で割ったのが始まりと聞きます 簡易なやり方として 壺などに焼酎と水を入れ 栓をして大きく50回ほど上下を返します 半日おいてから燗をする これでもお湯割りなどとは比較にならぬ 上等の味わいとなります
江戸時代に富士見酒というものがありました わざわざ酒を船に積み込んで富士の見えるところまで往復します すると波に揺られた酒がうまくなるというのです ポルト酒(ポートワイン)やマディラワインも船底に積んでいたら味が良くなったといいます デカンタージュもそれに近いのかもしれません
柳蔭はなかなか風情のある名です 味醂は究極の甘みを求めて作られた 高価な酒です あまりに甘すぎて生では飲めなかった 焼酎も江戸時代は高級酒でしたが 度数が高すぎました この二つの酒を取り合わせると お互いの特徴が生かされるため 本直しと言われました ともに高級な酒を使ったカクテルです
教訓親の目鑑 俗ニ云ばくれん」この娘が飲んでいる酒は何でしょう かなり濃い色です 当時の諸白はこんなものなのか 腕まくりしているので直しかもしれません ワイングラスで本直し!! 寿屋(サントリー)赤玉ポートワインのポスターは これをヒントにしたのだろうか