コンテンツへスキップ →

投稿者: 一醉

壮士 自由民権運動 大正デモクラシー

川上音二郎や添田啞蟬坊などは 繁華街[01] … Continue readingで壮士芝居を演じたり演歌を歌っていました 芝居の収入は投げ銭であり 演歌は歌本を売ることで収入を得ました
壮士芝居はやがて新派劇となり 新時代の人情を演じ人気を博します 演歌も世情風俗を歌うと人気が出て 歌本がよく売れました しかし演歌の演は演説の演であり 社会風刺や政府批判の歌も盛んに作られます 大正時代に入ると演歌・壮士芝居は大正デモクラシーの運動といっしょになります
壮士芝居の創始者は自由党[02] … Continue readingの党員で 川上音二郎は玄洋社に属していました もともと政治運動から始まったのです 壮士芝居も演歌も物語仕立ですから プロパガンダやアジテーションではなく ナラティブだったといえます

ところで繁華街は露天商(的屋と香具師)の庭場です 縁日・祭礼で物を売る商売は昔からありました とくに廃藩置県で禄を失った同心などの中には 抜刀術や剣舞を見世物にする者が現れます 彼らも新政府に不満を持っていましたから 演歌師とともに自由民権運動にシンパシーがありました
かくて露天商と演歌師は同業・同志として手を結び 互いに行き来するようになります 壮士気分で腕に覚えのある荒っぽい者も多数いました[03] … Continue reading 自由民権も大正デモクラシーも 一揆の精神を持つ世直し運動です しかしながら薩長明治政府の藩閥・強権政治により弾圧されてしまいました
圧政の中心となっていた山県有朋は後に国民皆兵・徴兵制を推し進めた人物です[04] … Continue reading おそらく奇兵隊がモデルだったのでしょう 四民平等・廃刀令の掛け声は 国民全員に兵役の義務を押し付けることでした[05] … Continue reading

註釈

註釈
01 明治の繁華街は江戸時代のまま 神社仏閣への通りでした 物見遊山といえば寺社詣ですから 門前市を成すの言葉どおり 繁華街が形成されたのです 芝居見物は一日がかりで高額の費えが必要でした それに比べ大道芸は手軽で誰でも楽しめます
02 明治時代は火付け・強盗・自由党という言葉があったほどで 自称壮士の溜り場であったのです 中には無頼の徒も混じっていて 強請りを働く者もいたようです ま明治維新前の志士と称する連中も同じです
03 昭和大戦敗戦後 的屋さんは博徒とともに暴力団扱いされます これは第三国人が闇市を作り 昔からの庭場にも進出したためです 博打はいつの世も非合法ですが 露天商は大道芸人と同じく 正当な商売です
04 本人も奇兵隊出身ですから ソレ行けヤレ行けのやたら威勢のいいものです もちろんシビリアンコントロールなんて知りません 統帥権を明治天皇に預けてしまいましたから 自ら責任を取る必要もないのです
05 日本には武士という職業軍人がいました ヨーロッパでは貴族が職業軍人です 領地を与えられたり家禄を賜る代わり 兵役の義務を負います 国民皆兵・徴兵制は 町人商人まで戦に駆り立てるためです スイスのような自主的な民兵とも違います
コメントは受け付けていません

日本語と稲作

 

文化は言葉である

北海道から東北そして関東の太平洋岸に オホーツク系の人たちが勢力を持っていた形跡があります 阿弖流爲を代表とする蝦夷と呼ばれた人たちです 北方から来たのではあったでしょうが 今のアイヌの人たちと同じとは言えません
日本語が形成されたのは縄文時代 1万年の時をかけてのことと思われます 弥生時代には日本人は 日本語を話していたはずです[01] … Continue reading アイヌの人たちは言葉が違いますから その後に渡来しています
朝鮮半島南東部は7000年前から縄文系倭人たちが住んでいました 九州との行き来も盛んでした この人たちは古墳時代に半島の戦乱を逃れて日本に帰国しました むろん今の朝鮮人とは関係ない人たちです 日本語を話していたんじゃないでしょうか

何万年前からか分かりませんが 北方から南方から大陸から 人々が海路日本に渡ってきました[02]当時イミグレはもちろん国というのもありませんから 人々は自由に上陸し出身地ごとに小さな集落を形成していきました その人たちは集落を作り互いに交易していました 交通・物流は沿岸と河川の船運によります 産物の交換や技術交流が進み その中で集落間の婚姻が行なわれ 日本語が形成されていったのでしょう
婚姻により身体的特質が どうなるのかは知りません しかし文化とは言葉です DNAをいくら解析しても文化を理解できないのは確かです 言葉(日本語)を介在して日本文化ができてきます そして風土に根差した日本人のアイデンティティが培われます
同じ土地に住み日本語を話す 同じ文化を共有するから日本人なのです ゲノムシーケンスで親和性が高いといっても石器時代の話しです 縄文時代にできた日本語・日本文化・日本人を理解することはできない

日本の水稲米

石器時代に日本へやってきた人たちは大きく3群に分かれるでしょう 北方から来た人たち 南方から来た人たち 大陸から来た人たちです 北方の人たちは狩猟漁撈 南方の人たちは主に芋や豆類の栽培 他に樹の実・草の実・山菜の育成などで食料を得ていたと思われます 陸稲は縄文時代には栽培されていました[03] … Continue reading
人々は互いに産物や栽培技術の交流を通じて 日本の風土に合った農山漁業文化を培いました そして弥生時代には水稲米の栽培が拡大し 日本は稲作(米が主食)の国となります 水稲米は収量が多い 栄養が豊富 保存が容易という理由で広く普及したのです
水稲米の発祥は雲南地方とされます 揚子江沿いに耕作地の形跡があります いわゆる長江文明です しかし日本への伝播は南回りでしょう 海流から考えて上海あたりから 籾を持って舟で 大挙日本を目指すことはない[04] … Continue reading
日本の水稲米栽培の痕跡は3000年前に遡ります それ以前に伝わったわけです 福建米(赤米)であったと推定されます 日本人によって600年ほどで品種改良がなされ 北海道を除く日本列島全域で温帯ジャポニカ米が栽培されていきます 農耕文化も言葉(日本語)を介して伝えられます
縄文時代の記憶が赤飯(おこわ)に伝わります 赤米は江戸時代まではわずかに生産されていたようです しかし食味が悪いため 赤飯といえばササゲや小豆で色付けされた 糯米になりました 縄文時代には小豆が栽培されていましたから 糅飯として伝えられたのかもしれません

言葉と文字

日本は耕地が狭い急流が多いといった土地柄で 米作りは労働集約型の集団作業となります[05] … Continue reading また糧食が安定し人口が増えると 農地・水利を巡って争いが起きます 争いを収めるのは天子たる天皇陛下です この体制ができたのはおそらく3世紀ころ 日本文化が形を整えたのは7・8世紀となります
統一された日本創世記は古事記です 口承文芸の形で語り継がれてきたものを筆録しました[06]古事記としてまとめる際に国津神を天津神が支配するという形にしたのでしょうか 風土記には縄文以来続く国津神の神話があったかもしれません 日本書紀はそれ以前に書かれた さまざまな神話を集めて時系列でまとめました[07] … Continue reading
言葉が文字で定着され[08]和歌を記録するために万葉仮名が作られました もともとは口承文芸で文字で書くものではなかった 御神楽や民話なんかも口伝です 日本人としての意識が育まれます 外国(隋・唐)からも和国(日本国)と認識され 国の主権と独立が保たれます 日本書紀が漢文なのは対外文書だからです 古事記は和語を漢字で書いています 読める人はそう多くなかったでしょう[09] … Continue reading
各地では土地の神話や民話お神楽として継承されます 神話・民話は語り伝えられるもの文字で記されるものではない 日本文化は王朝文化だけとは限らないのです

註釈

註釈
01 日本語は言語学的に同類がない孤立した言語といわれます あちこちから集まった人たちが混血するに従い お互いの語彙と文法が融合していったのでしょうか
02 当時イミグレはもちろん国というのもありませんから 人々は自由に上陸し出身地ごとに小さな集落を形成していきました
03 太平洋沿岸は鰹の加工品が作られ 日本海沿岸は鮭の加工品が作られています ともに海流に乗る回遊魚ですが 異なる文化圏といっていいでしょうか
04 仮に長江の川船で日本にたどり着いたとしても それはボートピープルです 進んだ技術を持って勇躍日本にやってきたいうことではない
米に限らず農業は土地に根差したものです 気候地形に見合った農耕法がその土地で工夫されるのです どこかから渡来なんてしません
05 長江流域でどのような稲作が行われていたかよく分かりません 平地で水が豊富なようですから日本のような棚田はなく 苗床も作らない直播き粗放農業だったのではないでしょうか
06 古事記としてまとめる際に国津神を天津神が支配するという形にしたのでしょうか 風土記には縄文以来続く国津神の神話があったかもしれません
07 日本書紀は編年体で記録され同様の類例が併記されています 資料としてまとめられたものです 古事記は物語ですね 祭祀を司っていた天子様を政治的な天皇としました(対外的に国家としての政治体制を整えるためです) 風土記は各地の伝承ですが未完成や失われたものが多い
08 和歌を記録するために万葉仮名が作られました もともとは口承文芸で文字で書くものではなかった 御神楽や民話なんかも口伝です
09 日本は言霊の国で和の民です 言葉が通ずればよいのであって 文字は必要としなかったと思います 文字や文書は支配者が民に通達するため作られたものです
コメントは受け付けていません

認知領域

民話・神話

お化けや幽霊 鬼に妖怪変化などを描いた絵が たくさんあります 尾形光琳の《風神雷神図屏風》は右隻左隻に風神と雷神が描かれています 構図その他を変えていますが 俵屋宗達の模写と言われます
宗達と光琳の風神・雷神の輪郭を重ねてみると 完全に一致します 光琳の絵は宗達に比べダイナミックな動き線の勢いが不足するかもしれません そうするとオリジナルを敷き写しにしたものでしょうか
現在なら 著作権云々といった騒ぎになるところです しかし これは剽窃ではなく 先人へのオマージュでもありません 架空のものを表現するためには 決まった様式があります 様式に則らなければ 見る人に納得してもらえません どこかで見たようなものでなければ安心できないのです
幽霊の絵は足がなく 手首をだらりと下げなければなりません 円山応挙が始まりとされます 宗達の鬼神図は決してオリジナルではなく これもまた過去の絵図を写したものです 始まりは誰か判然としません

江戸時代に 国民全て菩提寺の檀信徒になるよう定められました 切支丹伴天連の侵略を防ぐためです 結果として全員が仏教徒になったわけです 明治時代には国家神道なるものが唱えられました 実態は儒学が元になっていて古来からある神道の姿とは異なります 神仏分離令により 今度は廃仏毀釈が行われました ときの権力者の都合で様々な規制強制が行われます

変遷はあれど 日本人の信仰は原始神道というか 縄文から一万年以上続くアニミズムが根本にあるでしょう 物の怪・妖怪は八百万の国津神(地神)なのです そうやって見れば お化けの絵は宗教画とも言えます
まぁ神話と宗教の定義の違いはよく分かりません 土偶や子持ち勾玉の意匠は 神話・民話の動物神・植物神を具象化したものと思います 天空や風雨の自然現象は鬼神として表されるようになります
目に見える形を作ることによって共通認識を持つのも 儀式というか宗教行為(呪術)のためですね そうして日本人の深層意識に刷り込まれたのが神話であり民話です 水木しげる先生か描くように 日本のお化けが どこかユーモラスで親しみやすいのは もともと神様だったからです

ナラティブ

最近の情報心理戦で認知領域ということが言われます 中国が仕掛けている輿論戦などです[01] … Continue reading その中でナラティブという用語が使われます ナレーションやナレーターと同根の言葉です ナレーションは本を読み上げる朗読ではありません ナレーターは語り部なのです 原稿ではなく自分の意思で物語を作り語る
「講釈師見てきたような嘘を言い」怪談話なら罪はないのですが これが政治的な意図を持つと厄介です とくに教育の場では気をつけねばなりません 語るは騙るにも通じます
ナラティブは差別・優越や恐怖・嫌悪といった感情に向けて 幻想・妄想を植え付けます そして感情は倫理・正義[02]道徳は儒学に基づく観念であり 正義は一神教の倫理観と言えるかもしれません この辺が行動の違いに現れるのでしょうかなどの社会規範に容易に結び付けられます 神話から宗教への変化と言えるかもしれません

プロパガンダ・アジテーションは 我に有利なよう態度変容を促すのが目的です 詭弁ではありますが一見して論理的です それに対して 荒唐無稽でステロタイプな物語のほうが行動に結びつきます ナラティブは感情に訴えかけます 人は理屈ではなく感情で動くのです
感情に訴えるとは オーディエンスが我が身を物語になぞらえることです 最近の事例ではトランプの扇動(大統領選挙陰謀論)によるQanonの騒動でしょうか ヒトラー台頭時によく似ています ナチスの時代は映画とラジオが主でした トランプはTwitterを使っていました メディアは違えど 分かりやすい善悪二元論で 悪玉と善玉がいて 5W1Hや起承転結の物語性も重要です

孔子やアリストテレスは 理性で感情を抑制せよと教えたといいます 二人が宗教家とされない所以です しかし賢人でも哲人でもない大多数の人間は 好悪の感情に左右されてしまいます ナラティブに感化され 自らナラティブを作り出す そして周りに吹聴し始めます
個々人の感情を制御する方法はありません 自分でも制御できないのですから他人の感情はどうすることもできない 下手に説得したら返って感情を昂らせるだけです[03] … Continue reading

註釈

註釈
01 内閣府「再生可能エネルギー」の会議資料や通産省管轄の「自然エネルギー財団」で 中国系・中国資本からの資料がそのまま使われている事実があります 風力やソーラーパネル発電の利益が中国人を潤しているばかりでなく 世論誘導の認知領域戦を兼ねている可能性があります
02 道徳は儒学に基づく観念であり 正義は一神教の倫理観と言えるかもしれません この辺が行動の違いに現れるのでしょうか
03 Facebookが集めるデータは個人の感情に基づくものでした 選挙の投票は理性よりも感情です ヒトラーは選挙により合法的に独裁者となりました トランプが大統領になったのも同じ機序によります
コメントは受け付けていません