改めて 夫婦別姓論が欺瞞(まやかし)であること

日本以外の国は夫婦別姓というのは 捏造報道です 日本では制度上夫婦が同姓となります
一方他国では 妻が通称名として夫の姓を名乗るか 双方の姓を併称します 一部の国を除き社会生活上は やはり夫婦同姓です

日本は婚姻届も出生届も戸籍に紐付けられます そして出生届は名だけです 姓はその時の戸籍名(家名)となります
婚姻届で新しい戸籍ができますが 戸籍名は家名ですから一つでなければなりません 夫婦どちらかの旧戸籍名を選びます

世界で戸籍制度があるのは おそらく日本だけです 大半の国には階級制・身分制・部族制があり 強固なコミュニティが社会を形作っています コミュニティ同士の交流はない ということで戸籍(人別帳)は必要ないのです

他国に戸籍制度はないので 出生届と婚姻届は別のこと所管も違います 出生届には姓・名(フルネーム)を記載します これは一生変わることがありません
したがって結婚しても離婚しても 姓・名はそのままです しかし社会生活上は ほとんどの国で 妻が夫のラストネームを名乗ります 子の出生届には夫方のラストネームを付けるためです(ラストネームはサーネーム〈家名〉のことが多い)

戸籍制度上で結婚して姓が変わるのは 日本だけというのは事実です 正確にいうと日本は戸籍名があっても 個人の姓はないのです 旧姓は旧戸籍名です
世界の制度では 婚姻届と姓は関係ないというのが正しく 夫婦が別姓とするのは悪辣なデマゴギーです 大半の国で慣習として妻は夫の姓を名乗っています[01] … Continue reading

註釈

註釈
01 ヒラリー・クリントン アンゲラ・メルケル マーガレット・サッチャー すべて夫の姓です 結婚したら夫のラストネームを(通称名として)名乗る また他からは〇〇夫人と夫のサーネームで呼ばれるのが 世界の常識です