シビリアン・コントロール

クラウゼヴィッツが書いたように 政策があって外交があり 外交戦の一環として 様々な段階の軍事行動があります 軍は最高司令官の命令により動くもので 独自の判断で戦争を起こすことはない これがシビリアン・コントロール(文民統制)です

はその名称どおり 中国と東南アジアが主戦場でした[01] … Continue reading 太平洋が加われば 2正面作戦となります しかも相手はアメリカです 孫子の兵法を持ち出すまでもなく 彼我の戦力を比べれば無謀なことは明らかです 海軍も陸軍もアメリカの生産力・軍事力を知っていますから 日米開戦には消極的でした
そのうえ中国大陸も太平洋も広大な戦場です 補給戦が持ちこたえられないのは分かりきっています 戦の勝敗が補給で決まることは戦国時代以前から常識です 現実を無視した精神論的な戦略などあり得ません[02] … Continue reading

では誰が太平洋戦争を始めたのか といえば誰も命令を下していません 統帥権は天皇陛下にあるとされていましたが 決定権は持ちません 帷幄上奏ということで 合議制で決まったことを承認するか否定するだけです[03] … Continue reading
権力の行使には責任が伴います 統帥権を棚上げしたことにより文民が責任から逃れました 文民が軍を統制するとは 戦争の責任も文民にあるということです 政略なきままに軍が立てた戦略は 目的を失い目標さえ見失います

昭和大戦(大東亜戦争+太平洋戦争)は誰も決定しないままに始まったのです だから誰も敗戦の責任を取ろうとしません シビリアンが責任を放棄したからコントロールできなかった グズグズするうちにポツダム宣言を出され 昭和天皇が終戦の詔書を発することで ようやく収拾しました 戦後処理もすべて 昭和天皇御一人で行ったようなものです
人間天皇宣言は 薩長明治政府により現人神として祭り上げられた事の否定です 維新の元勲と称する役人と政治家は 自分たちの責任逃れのため天皇陛下を政治利用したのです[04] … Continue reading

註釈

註釈
01 戦時中を生きた母からも 主戦場は太平洋ではないと聞いたことがあります 田舎の一少女でさえ認識していたのです 事実は新聞や教科書に書いてあることと ずいぶん違うなと思いましたね
02 太平洋戦争末期には 物資兵器(有形戦闘力)より ベテランパイロット(無形戦闘力)が不足しました 練度不足のパイロットでは雷撃は命中せず 虚しく撃墜されるだけという情況です 同じ死ぬなら爆弾を抱えたまま突っ込めば 敵に一矢を報いることになり犬死ではありません
破れかぶれではありますが 考え方としてはスマート爆弾と同じです 軍人は実務家 精神主義でもなんでもない そうするしかなかった已むを得ない悲しい戦法です 特攻は愚策と非難されることでも 反対に称賛するべきことでもないのです 人海戦術と同一視したり大和魂の発露などと言ってはいけない
03 江戸時代は征夷大将軍が統帥権を与えられていました 武家の頭領ですね 大将軍を任命するのは朝廷です 明治政府は大権と称して 自分たちが統帥の責任を取ることを逃れました その上天皇陛下をまるでお飾りの殿様のように扱ったのです
04 現行憲法では 国の主権たる交戦権を放棄していて 軍隊を持たないという建前ですから 統帥権の規定すらありません 誰も責任を持たない体制は受け継がれています
中国が段階を踏んで法律を整備し国際輿論を主導 着実に心理戦の成果が上がった結果 外交戦を制し上陸することなく 尖閣諸島を実効支配するに至りました それに対して島嶼奪還作戦の兵棋演習だそうです 尖閣が奪われることは已に前提なのです
尖閣諸島を中心とした海域(特定水域)で日中漁船が自由に操業できる 日中漁業協定が1976年に結ばれました(尖閣の接続水域は除かれます) 中国は尖閣諸島の領有を主張していますから 尖閣接続水域で操業する日本漁船を取り締まる根拠となっています
そのため中国船が尖閣接続水域に常駐することを黙許し 海上保安庁の船すら島に近づけません 日ソ漁業協定のような売国奴の所業です 外交努力を放棄し軍に下駄を預ける やはりシビリアンコントロールは機能していないのです