タグ: 小説

車寅次郎 渥美清 田所康雄

俳句 お遍路が一列に行く虹の中 風天 じつに美しい しかも壮大なこの句の作者は 車寅次郎 草むらの端に四角い顔が見えます 「わたくし 生まれも育ちも東京葛飾柴又です 帝釈天で産湯を使い 姓は車名は寅次郎 人呼んでフーテン […]