日本の文字と絵そして出版

中国人の書は見事なものですが 文字としての美しさがあるのみ 伝・藤原行成の「仮名消息」は絵画のような造形美です[01] … Continue reading 仮名の連綿は日本でなければ生まれない書 草書とも違う遊び戯れる自由があります
この日本好みは散らし書きとなり 料紙が作られ 倭絵と相合わさり 絵巻物として一つの芸術ジャンルを作ります 絵巻物は絵と詞書が一体の表現であり 後世の草双紙出版へと連なります 現代の漫画もこの系譜です

かな文字

それにしても仮名とは なんと控えめなのでしょう わが国字を仮のものというのです[02] … Continue reading 平仮名は漢字の形を平易に固有の文字としました フェニキア文字がアルファベットになったように 何百年かの時をかけて自然にできたものです ハングルといった人工的な記号とは違います[03] … Continue reading 必要ならばあるものを借りればいい この大らかさもまた楽しい
片仮名は漢字の片々を使った略字記号ですね 現在でも外来語の表記で使われるように 漢語で書かれた経文を読むためでした 便宜のため取り敢えずのものであり 芸術としては扱いません(簡体字はカタカナを真似したんじゃないか 人民日報などで句読点を使っていますが これは明らかに日本語表記からです)

中国人は漢字にこだわり 周辺国のことは殊更に卑しめた文字を用います 卑弥呼とか邪馬台国などは典型的ですね 日本人は読みが同じなら同音の別字を使ったりします 文字の意味や一点一画に拘泥するは漢意 大和心は言霊なのです
日本はさほど漢字を尊重しないので 斜めに書いたりして平気です それより絵画的表現に重きを置く 中国の書や陶磁器の絵付けは規矩正しく整然としています 日本人は余白の美とか躍動性を喜んだりする 人工ではなく自然が好きなのです[04] … Continue reading

漢字仮名交じりの文章表記は世界に類のない独特のものです 表音文字のない中国では外来語の表記に苦心しています 日本ではカタカナを使ったり 漢字を組み合わせて新語を作ったりしました じつに融通無碍こだわりがない 文字は借り物として自由に用いたからできたことです(芥川龍之介の「神神の微笑」(青空文庫)が面白い)

絵巻物

源氏物語絵巻 寝覚物語絵巻の吹抜屋台は秀逸な手法です 絵巻物は床や低い机に置いて 肩幅くらいに広げつつ見ます 物語の世界を斜め上から眺めるのです 箱庭を覗くようなものでしょうか だから3D表現を採用したのです
信貴山縁起 伴大納言絵詞は 空間に時間を加えたパノラマ表現ですね スクロールしながら見ますから 絵巻物でなくてはできない 紙は四角に漉きます わざわざ貼り合わせて巻物にしている スペクタクルを表現するために考えられたメディアです

平安の貴族は自由に外を出歩くことはありません ことに子女は帷の牛車で移動します 乗り降りのときまでも傘で覆って姿を隠すほどです 外の世界のことは絵巻物で窺い知るしかない
ヨーロッパや中国の宮廷文化は華やかに咲き誇りましたが 豪壮な宮殿は特権階級のためだけでした 吾が王朝文化は普遍的でした 宮廷の建物は他国に比べ簡素な作りです
当時書物は貴重なものでした 絢爛豪華な絵巻物はなおのことです 吾が王朝文化は貴族だけで独占しません 寺院を建立し仏像をつくり絵巻物の世界を皆に開放しました

実体絵巻

法隆寺中門は中央に柱が立ちます 何か入るのを拒否するような威圧感があります でも他の寺社と同様に門扉で閉ざすことはない 参拝者は中門左側から入山し 廻廊を巡って大講堂に至り 薬師三尊を拝する 今度は右廻廊を経て中門の右側から退出します[05] … Continue reading
見ることのできない仏世界をバーチャル体験する テーマパーク演出といえましょうか 混雑を避けるためであり 絵巻物の世界に入る仮想現実です

洋の東西を問わず寺院は一般(信徒)向けです 門前町の賑わいも変わりません 他宗教において聖地巡礼は 信仰に基づく宗教儀式であり厳しい旅でした 苦労の末たどり着いた教会は 信者を慈悲深く迎えます 荘厳な装飾は神の威厳を示すためです
日本は江戸時代に至っても寺社詣では物見遊山でした 日本仏教は大乗仏教です 在家にあまり戒律を求めません(腥物を食べないのは修行僧だけです) 寺院建立は衆生を救うための公共投資インフラ整備でした また絵巻物と同じ心でもあったのです

簡易絵巻

元禄から始まる江戸時代の文化は庶民(町人)が主体です 日本人の識字率が高かったため 出版文化が盛んになったのも特徴といえましょう
草双紙は文字(ひらがな)と絵が一体となった出版物です 小説とはいえ絵が主体で 文字は絵と同じ扱いになっています 挿絵とも絵本とも異なっていて やはり絵巻物の系譜なのです
冊子の形態になっていますが ページネーションの意識はありません 絵巻物は四角い紙を長く貼り合わせます(巻子本) 絵草紙は四角い紙を折って綴じたものです 形態は違えど共通点があります[06] … Continue reading
他の国でも巻物や綴本の形態はもちろんあります しかし絵巻物の発想は見られません そしてほとんどの書籍は聖典・経典などで 庶民向けの出版文化も日本だけのようです

註釈

註釈
01 藤原行成の仮名真筆は残ってないとされるので(伝)が付けられます 美しい書の象徴のような名前だったのですね そう伝えられてきたというところに意義がある 書いたのが行成であろうが他の人であろうがどちらでもいいのです
歌舞伎で義経が突然登場し「さしたる用もなかりせば」と引っ込むのと同じ感覚です(シャボン玉ホリデーの植木等はこれのカリカチュアライズ?)
02 万葉仮名といいますが 万葉集も古事記・日本書紀も漢字で書かれています とくに万葉集は音訓入り乱れてほとんど判じ物です あきらかに漢字で遊んでいます 対して古事記は音読みで一文字づずつ対応し 読み間違えることはありません 公式文書だからです 日本書紀は対外的な広報誌ゆえ 外国語(漢語)で書かれています
03 上古に古代文字があったというのは捏造でしょう 古史古伝のことを詳しく知らないのですが ホツマツタヱに書かれていることは 江戸時代の習俗であったりします 精査すれば大和言葉でなく漢字を組み合わせた語句もあるんじゃないですか
土器に秀真文字と同じものが彫られているのを見たことはあります 当然ただの紋様ではなく意味があります おそらく呪符のようなものではないでしょうか 象形文字といっても良いと思います 仮名で文を書く使い方ではない
04 カリグラフィーも絵画的表現です 仮名の連綿や散らし書きの動きある表現に比べ 単語・語句を一塊の 固定された物(オブジェクト)として形作り 配置します
花文字等の装飾文字はありますが テキストの絵画的表現であり 絵と文字を一緒に扱うことはないようです 造本も装丁であり 知る限り料紙のような発想は見られません
05 法隆寺のリノベーションに携わった宮大工 西岡常一棟梁のご意見です 自ら木を刻み組み立てる中からの見解です つべこべと理屈を立てる学者では到底この発想に至りません
06 中国の冊子は粘葉装といい 二つ折りにした紙の背側に糊を付けて製本します(無線綴じですね) 江戸時代の和装本は袋状の小口を糸で綴じました 糊付けでないこの方法なら 巻物を冊子や折本にすることもできます その逆も可能です
茶人を名乗る益田鈍翁なる者が 自らの茶室にかけるため 貴重な巻物を手に入れようとした際 競合相手(松永安左エ門?)と切り離して買い取りました そのため散逸したり欠片が生じた巻子本があります 浅薄であり思い上がった不行儀な振る舞いです