正月料理

正月料理といえるのは「雑煮」です 他のものと違い雑煮だけは食べると言わず祝うと言います 歳神様に供えた下がり物をいただく共食ですから 特別な言い方をします
今は雑煮祝いという季語にのみ残る言葉となりました なお醤油が一般に使われるようになったのは江戸中期以降です それまでの澄まし汁は 味噌の上澄みを使ったり生垂れを使う また仕立てた汁の上澄みのみを用いたものを言います
関東の雑煮が醤油仕立てになったのは近年のことです お江戸でも雑煮は味噌仕立てであったようです

箱に詰めて重ねておくのは「喰積(くいつみ)」です ごまめ・昆布巻き・蒲鉾・卵焼・黒豆・数の子など 保存のきくものを三が日の間取り分けて食べます 来客などにも振る舞いました これは祝い膳ではありません
おせちは重箱に詰めるものでなく 祝い膳に平椀(ひら・おひら)で出される煮染めを言います のっぺい・こづゆも同様です 周防では煮染めを大平と呼び 祝い膳に欠かせない料理です お平が付くとは豪華・贅沢な膳を言い お平に盛るのは鳥肉等と根菜類の煮物です

江戸で田作り(ごまめ)は祝い膳に上ったようです 他の地方では年越し魚(歳取り魚)として 塩鮭・塩鰤等が用いられました
正月の祝いは大晦(おおつごもり)なので歳末も新年も一緒です 氏神や鎮守社で大晦日から元旦まで籠もります これを簡略化したのが初詣・2年参りですね

節会(せちえ)の行事は宮中や公家の間で行われていました それぞれに料理もありました 1月1日は花びら餅 3月3日桃の節句は菱餅 5月5日端午の節句は柏餅 7月7日素麺 9月9日菊酒 などなど その風が庶民にまで広まったのでしょう

身近な人に聞いてみたところ 正月に餅を食べるのは共通していても 子供のころ重箱に入った「おせち」はなかったと言います 奥州では ずんだ餅えび餅など5〜6種類の様々な餅をいただくそうです
今日見られる おせち料理と言われる形は 京都あたりの料理屋さんが年末 お得意先に配ったのが始まりです 一般の家庭でこのようなことは行わなかったし 伝統的なものともちょっと違う 会津は今も「こづゆ」に正しく平椀を用いています

小正月

外来の歳神様(太陰暦)を迎える前 古来の正月行事は どんど焼(左義長・塞の神)・なまはげ・鳥追いなどではないでしょうか これらはいずれも農事祭で小正月(新年最初の満月の夜から朝)に行われました
鏡餅(満月と太陽を現す?)を掻いた掻餅を焼いたり 小豆粥・七種粥を炊きます(七種粥を人日の節句1月7日にというのは語呂合わせです)
元々は春を迎える冬至祭(火祭)であったろうと推測します 粥は木や柱に供える儀式がありました また木の枝に餅を飾る餅花・成らせ餅の行事も広く行われていました

すべて言い伝え伝承であり 文献に残るものではありません そのためか小正月の行事は軽んじられる傾向がありました
古来より祝われていたこの小正月(女正月とも言われます)を祝日とした時 「成人の日」と名付けました 「こどもの日」や「としよりの日」を作ったので 言葉を整えるということかと思います 元服云々は役人らしい後付けの理由です
かつての祝・祭日はことごとく祝日と言い換えられ 本来の意義は忘れられてしまいました(日本の祝日は諸外国の倍くらいあります)

埼玉県蕨町の青年団団長が 成人=選挙権であることに着目し 二十歳になった男女を集め成年式なるものを開催しました この団長はのちに蕨市長になっています(青年団のモデルはコムソモールです) これが評判を呼んで 全国各地の自治体で成人式が行われるようになりました
こうやって小正月とはまったく無縁の祝日として 成人の日が制定され成人式が定着 さらに日にちが変更され 日本の伝統は失われていきます